« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/28

イカスミカレーで風邪が治る

ikasumi先々週の土曜から風邪をひき、先週はずっと体調が悪く、
鼻水グジュグジュ状態がずーと続いていた。

昨日はさらに夕方から頭痛に襲われる始末。
ところが今日になって、嘘みたいに鼻すっきり、
風邪の症状がなくなっている。
特別、薬らしいものは服用していないにも関わらず。

という事は夕べ食べたものが効いたのか!?
「医食同源」というしな。

しかし昨晩食べたのは、レトルトの「イカスミカレー」。

味は、まずくて二度と買うかと思ったのだが、
この冬場乗り切り用にいくつか買い置きしておこうかな。

ジェーソンで安売りしてて確か105円だったはず。

イカスミが風邪に効くなんて聞いた事ないけど、
たまたまかな(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/12/27

谷津干潟自然観察センター

25日土曜日。予てから行こうと思っていた谷津干潟自然観察センターへ行く。


習志野・津田沼の海よりの辺り。船橋在住の家からは意外と近い。この辺りに谷津遊園というのが昔あっが、もう跡形無くなっている。谷津干潟という言葉はなんとなし耳にした事はあったのだが、谷津遊園と共にこの世から消えてしまったものだとばかり思っていた。

ところが、あるきっかけでこの谷津干潟が健在で、自宅近辺にあるという事実を知る。これは、近々訪れなければと、この日までずっと思ったままおざなりになっていたのだ。

そのあるきっかけというのは、今年10月に行った沖縄旅行での出来事。旅行の道中、那覇市近郊にある漫湖の干潟自然公園を訪れたのだが、平日の昼間、シーズンOFFということもあってか来客は私のみ。気を使ってくれたのか、来館がうれしかったのか、そこの館長さんがいろいろと事細かに説明をしてくれて、いろいろお話をした。その際にどこから来たかという流れで、千葉・船橋のほうなら谷津干潟ご存知でしょう!?と聞かれた。知らなかったと言うと、館長さんちょっとガッカリした様子・・・。でも、めげずに今度是非行ってみてください。と話を続ける。なんでも谷津の館長さんは、その筋ではとても有名な方で、自然公園を残すために尽力された素晴らしい方であるらしい。来訪の際には是非よろしく伝えてくれと名刺のコピーを渡される。会社辞めたての私は名刺などなかったので、署名ノートに連絡先を記載してその場を退散・・ってな事があったのである。

さて、実際に車で行ってみて、普段何度も通ったことのある国道357号線に沿ったところにひっそりと干潟が存在していた。道路側面には遮音壁が施されているおかげで走行中の景観ではまったく見ることができない。こりゃ、気づかないわけだと納得する。よく見ると標識で「谷津干潟」という矢印が確かにあった。今までも目に入っていたはずなのだが「昔の名残なんだろうな」と勝手に思い込んでいたのだ。

矢印に従い敷地に入るとすぐ駐車場になっている。そこで車を止め、案内版をみて干潟周囲の散策コースを歩いてみる。普通におだやかな住宅地の中に存在している事に驚いた。また、干潟と繋がっている水路の水が綺麗だった。住宅地の近辺という事もあり、生活廃水が流れ込んで汚染されているのかと思っていたのだが、汚水道は別の処理施設へいくよう治水整備が万全にされているのだそうだ。素晴らしい。

野鳥たちがいっぱいいた。ほとんどカモの仲間だったけど、よく見れば確かにいろんな種類がいるなと改めて感心する。写真とろうと思ってたのだが、パーソナルなデジカメの為はるか彼方にいる野鳥くんたちをしっかりファインダーに収めることができないので撮影は断念した(^^;

コース途中の観察館へ寄ってみる。
入館料、中学生以上300円。自然保護の協力に献金と思えば安いものだ。中は野鳥の観察ができる双眼鏡などの設備に野鳥の資料、干潟の歴史、干潟に住む生物についての資料が展示してあった。

美術館や博物館ほどの所蔵物があるわけではないので、さらっと廻覧して退館・・ではなくて、一応、漫湖の館長さんの顔も立てなくてはなと、ご意見BOXにその旨一筆入れて帰ってきました。

なんか、えらい長くなってもうた・・・(^^;

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004/12/13

映画【ニュースの天才】

久々にまじめな映画を観た。
ニュースの達人は、アメリカの有名雑誌社記者のドキュメンタリーを映画化した作品。
多くの捏造記事を執筆掲載したというスティーブン・グラスが主人公。
「真のジャーナリズムとは?」といった感じで映画の宣伝文句では謳われているが、
この作品を観る限り、全然その題材の探求には及んでいない。

主人公がいかにして当時人気記者に上りつめたか。また、何故捏造に走りそれを繰り返し続けたのか、期待に応える為苦しんだあげく行ったのか?その辺りの主人公の人間描画がされているのかと思っていたら、全然それがない。
それならば捏造の暴かれ方がドラマチックに演出されているのかと思えばそうでもない。
うまく嘘をついた「嘘の天才」でもなく、ジャーナリズムを牛耳る「ニュースの天才」とは到底呼べない話。

かなり期待はずれでガッカリでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン日記:[本八幡]菜

1210_sai021210_sai01

12月10日(金)
会社帰りに、地元の友人と映画を観に行く約束をする。
映画は21時20分から始まるレイトショー。
場所は本八幡コルトンプラザ。
待ち合わせの時間から1時間以上時間があるので、
先に腹ごしらえをしようと、
以前から行きたいと思っていたラーメン店「菜」へ行く。

【菜】さい
JR本八幡駅南口から15分、
コルトンプラザ沿いの通りをメッセサンオー方面へちょっと行ったところ
 Map

非常にシンプルな店構えのお店。
入る際、あやうく通り過ぎてしまうところだった。

スープが無くなり次第終了してしまうのと営業時間が結構早い時間で終わってしまうので会社帰りなどに寄る場合は要注意。この日も20時半に入ったのだが、ギリギリだった。(実は営業時間は20時まで)

菜のラーメンはメニューが多彩、主な構成は以下のとおり。

 豚骨ベース:塩・しょうゆ・濃口醤油 650円 つけめん:850円
 鶏殻ベース:塩・しょうゆ・濃口醤油 650円 つけめん:850円
 潮菜めん(豚骨・鶏のWスープ)  850円

 トッピング:チャーシュー300円、半熟味付卵100円、のり100円、
 魚粉(かつお粉)100円、ごはん150円

 本日のデザート250円

どれにしようか迷ったあげく、
ワタシは豚骨・塩ラーメンに本日のデザート。
友人は豚骨・しょうゆにチャーシュートッピング。 を注文する。

実は、ここはデザートがうまいと定評のお店なのだ。
店長がフレンチ出身という話が、kt6119さんのブログサイト音・麺・酒に載っている。


さて、ラーメンのお味のほうは、
まずスープについては、豚骨といいつつも、和風・魚介系のダシの香りが強い。
豚骨と魚介のダブルスープというところかな・・。店長のこだわりを感じるいい味である。
塩を頼んだのでよりダシの香りが鮮明に感じられたのかもしれないが、個人的にはもうちょっと魚介系抑えてもいいんじゃないかなと思った。

麺は中太ちぢれ麺、やや茹で加減が固め。スープと合って美味しかったが、個人的にはやや柔らかめが好きなので、もうちょい柔らかいほうが良かった。

チャーシューは中がほんのりピンクのやや生っぽい感じ。こちらもこだわりを感じる逸品。だけど個人的には喜多方ラーメンに入っているようなカッチリ香ばしいチャーシューが好きなんだよな・・・。

総合的にはよくまとまっていて美味しかった。メニューのバリエーションが豊富なので、また今度いろいろ試してみたいと思う。

それから、本日のデザート。
今回はブランマンジェ(アーモンド風味のババロア)。濃厚なミルクの味に滑らかな舌触り。ほどよい甘味とアーモンドの香りのハーモニーが絶品。
う~ん、ウマイ!!これは確かにデザートが評判になるだけの事はある。これも違うデザートを是非食べてみたいなと次回に期待!

※写真、情けない画像でスンマセン。旧式携帯のヘナチョコカメラなので...。

評価:★★ (3段階評価)

<菜:本八幡>

スープの種類:豚骨(塩)
スープの濃さ:こってり
脂の量:普通
麺の太さ:中太麺
麺のタイプ:ちぢれ麺
*デザートがうまい

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2004/12/10

ノートPCの発熱で生殖能力低下

ノートPC利用が男性生殖機能に影響?ケルベロスの日常

いや~これ大袈裟でしょ。
んなら、冬場の電車のシートなんか相当ヤバイよね。
たまに熱くて座ってられないくらい加熱されてる事あるもの。


それに、生産性ってどっちの生産性を指してるんだか。
どっちにもとれるよな(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/06

今どきの100YENショップ <ヘアドライヤー>

今日、100円ショップで久々に掘り出しものを発見。
なんとヘアドライヤー。ヨン様のハンディカムじゃないが
コンパクトな手のひらサイズ。(写真参照)

1ca1b2cceef55f7bd9858f69ddd0475d


※サイズが分かるもの一緒に入れてなかった・・・(^^;
コンセントの大きさで想像してね。

値段が値段だけに性能が悪くて使い物にならないかもしれないなと思いつつ、
ま、100円だからいいやと思って購入。家に戻って使ってみたところ
これがそこそこ使えそう。コンパクトなので携帯に便利。
旅行の時はもちろん、豪雨の中、外出するような時は持っていくと便利かも。
裾や袖がビチョビチョのままで仕事するのって気持ち悪いもんな。
っていうか、雨が降ったら仕事お休みにならないかね。世の中・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »