« 新職場初日 | トップページ | 社員食堂 »

2005/08/16

ブックレビュー:「ペンギンになった不思議な鳥」

fushigi
新訂 版 1997年
出版社:どうぶつ社
原著:ジョン スパークス, トニー ソーパー,
    John Sparks, Tony Soper,
和訳:青柳 昌宏, 上田 一生


空を飛ばずに海の中を飛ぶ(泳ぐ)鳥「ペンギン」。なぜ空を飛ぶことをやめ、海の中での生活を選んだのか。彼らの生態・進化の過程について書かれてあり大変興味深い。

また、歴史上で人間と出会い。その結果、虐殺され、生活環境を破壊され、絶滅の危機に瀕している種がいる事についても言及されている。

ペンギン全18種のプロフィールが簡潔な内容で載っており、とても分かりやすい。

それから、とても印象的なのが文中に多数登場する「挿絵」がいい!シンプルなシンボルマーク的な表現のものは可愛くて、また実によく特長を捉えられている。そしてスケッチ描写っぽいイラストが実にリアルで、これらのイラスト集として別に欲しいくらい。

昨今、映画「皇帝ペンギン」でペンギンがにわかに注目されていますが、そんな中で「ペンギンっていろんな種類がいるんだな~」って興味を持たれた方へお奨めの一冊です。

|

« 新職場初日 | トップページ | 社員食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74745/5565516

この記事へのトラックバック一覧です: ブックレビュー:「ペンギンになった不思議な鳥」:

« 新職場初日 | トップページ | 社員食堂 »