« ラーメン日記:[本八幡]菜 | トップページ | ラーメン日記:[本八幡]ぶぶか »

2005/09/17

【映画】チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場「チャーリーとチョコレート工場」レイトショーで観て来ました。いや〜面白い!!ブラックユーモアたっぷりなんですけど、思わず笑っちゃいます。見たのが字幕だったのでおバカ加減の伝わりが弱いせいもあり、劇場で観客の爆笑はなかったですが、これアメリカ/イギリスだったら劇場内大爆笑なんじゃないでしょうか。ブラックユーモアも日本だとちょっと受け悪いのかもしれないです。

シュールな世界観はさすがティム・バートンって感じですが、もうひとつ、メルヘンっぽい世界観・舞台美術のセンスもすごくいいですね〜。ウィーン幻想派の作家「ルドルフ・ハウズナー」の絵画の世界観を連想させます。

そして何よりやっぱり、ブラックユーモアたっぷりなところが面白い。工場内にいる小さな部族「ウンパ・ルンパ」が皆同じ顔で真面目な顔してやってるのがおかしくて堪らない。

単なるおバカだけじゃなくて、非常にシンプルで分かりやすいメッセージも表現されており、小さな子供にも安心して見せられるかなと思う。

サイトもよくできてますね。日本語サイトUKサイトのアダプテーションですが、しっかり作りこまれてます。Flashの素材とか各国に配ったんでしょうかね〜。

兎も角、面白くて楽しめます。チョコレート工場って事で子供向けっぽい印象ですが、ブラックユーモアの部分はむしろ大人向けです。笑えます! 是非是非オススメです〜。

|

« ラーメン日記:[本八幡]菜 | トップページ | ラーメン日記:[本八幡]ぶぶか »

コメント

TB&コメントありがとうございました。
子供が観てわかるかな?と思いました。子供向けのような題名で大人が楽しめるというのが好きです。
ウンパ・ルンパは夢に出てきそうですね。

投稿: あつ | 2005/09/18 21:33

お初にお邪魔致します、優杞と申します。トラックバックとコメントを書いて頂き有難う御座いました!!(*´∀`*)

本当にティム・バートン監督は素晴らしい世界を作り出してくれますよね。あたしも字幕で見たのですが、斜め後ろに座っていた外人さん(おそらく英語圏の方)がチャーリーの台詞に爆笑していて、やっぱりこれ笑うところだよねぇって思いながら見てました。日本人には英語の言葉遊びみたいなギャグは通じないんですよね…あたしも純血日本人ですけど(笑)

そしてウンパ・ルンパは素敵過ぎですよねvvあの無表情が面白すぎる!!チャーリーと働く契約をする会話のシーン、あれがあたしはツボでした。それと悩みを話すチャーリーの隣で真顔でメモを取る姿。最後の眼鏡を外して頷くあの仕草!!!思い出しても笑っちゃいますv

さて、長々と失礼致しました。つい感動を語りまくってしまいましたね…。またお邪魔しますね。

投稿: 優杞 | 2005/09/18 22:21

あきらさん、こんにちは!TB&コメントありがとうございました。
ロアルド・ダールの作品は、ほんとブラックユーモアたっぷりで、児童書でも本当に理解できるのはかなり大きくなってからかな、なんて思ってます。でも子供も十分楽しめる映画でしたよね! 深い意味が分かるのは大きくなってからでも十分ですし~。
やっぱりウンパ・ルンパが最高でした♪

投稿: 四季 | 2005/09/19 07:24

>あつさん
ほんと夢に出てきそうですね。ウンパ・ルンパ。出てきたらちょっと怖いかも(笑)

>優杞さん
やっぱりそうですよね。英語圏の方には所々爆笑ポイントがありますよねぇ。ワタシも英語からきしなので、ちょっと悔しいです・・・(^^;

>四季さん
「家族は大事」「お金で買えない経験」といったところは子供向けの分かりやすいメッセージですよね。ブラックなギャグは子供にはちょっと毒かも・・・。

投稿: あきら(本人) | 2005/09/20 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74745/6000324

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】チャーリーとチョコレート工場:

» チャーリーとチョコレート工場 [トゥビ・オア・ナトゥビ]
Tim Burtonらしい映画でした。きれいな映像に悪趣味が混入されている [続きを読む]

受信: 2005/09/18 21:29

» 「チャーリーとチョコレート工場」 [Ciel Bleu]
  公式サイト 祖母の家にいる時は外出も最小限しかできないし、映画なんてとんでもないのですが、この週末は家に戻ってるんです。今回やらなくちゃいけないことは、図書... [続きを読む]

受信: 2005/09/19 07:20

» チョコレート工場をもっと見たかったな [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 先週「シンデレラマン」を観に行った際、シネコン「MOVIX京都」の窓口付近で係員が「『チャーリーとチョコレート工場』は後3つしか席が残っていませんよ」と大きな声を張り上げていた。その時点でまったく予備知識なし(情報収集意欲なし)。ただきっと、面白い映画....... [続きを読む]

受信: 2005/09/24 22:13

» チャーリーとチョコレート工場 [お気楽極楽ブログ]
「チャーリーとチョコレート工場」なんて、タイトルからすれば子どもだましかと、、、 ジョニー・デップが10年ぶりに来日するほどの内容かと、、、 かなり疑っていたが、これが驚くなかれ、大爆笑の傑作、快作の... [続きを読む]

受信: 2005/10/07 12:10

» ウォンカの視点で観てみる◆チャーリーとチョコレート工場(DLP吹替版) [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
10月8日(土) XYZシネマズ蘇我にて 2回目なので、今度はウィリー・ウォンカの視点でこの作品を観てみることにした。(注・完全に、ネタばれモードで書きます) ねたバレなしの1回目鑑賞の感想はこちら。 DLP吹替版で観た感想についてはこちら。 ウィリー・ウォンカ...... [続きを読む]

受信: 2005/10/17 09:20

« ラーメン日記:[本八幡]菜 | トップページ | ラーメン日記:[本八幡]ぶぶか »