« 謹賀新年 2008年正月 | トップページ | カワハギのアラの煮付け »

2008/01/02

[釣り日記]カワハギ:乗合船(浦安 須原屋)2008.1.2

新年初釣りは、乗合船で「カワハギ」釣行。船屋は近場、浦安の「須原屋」さん。今回初めてお世話になります。こちらHPに釣果情報や乗合割引券(500円)があり、ポイント高いです。

浦安橋
夜明けの浦安橋鉄橋
※これは東京メトロの高架なので訂正。

出船は朝7時。まだ夜も明けきらない薄暗い中、6時過ぎに乗船。天候良く、無風で空気が澄み切った感じが心地よい。激寒ですが(^^;

乗合船
乗合船

乗合船
暁空、帆先に輝やく三日月。

出船後、ポイントへ向かう道中の景色が楽しい。「ウミホタル」や「富士山」。東京湾海上から観る眺望は新鮮で趣がある。

富士山
東京湾から眺望の富士山

ポイントは大貫沖。浦安から南下する事約1時間半で到着し、釣りスタート。始めは反応薄く、たまにアタリがあるものの上がってくるのは外道のトラギスくん。トラギスで「ツ抜け*1するものの本命カワハギが上がらない・・・。周りではポツポツ、カワハギが上がり初めている。潮止まりの11時、ワタシは結局カワハギ0枚のまま前半折り返し。

トラギス
色が黒っぽいのがトラギス
赤っぽいのがオキトラギス

カワハギ

後半早々、小ぶりながらなんとか本命カワハギを1枚ゲット。暫く経ってから2枚目、今度は大物30cm級のカワハギをゲット! (写真は船長が撮ってくださいました)カワハギは掛かった時の引きが強く、その引きの強さが醍醐味な釣りなのですが、デカくなればなるほど当然引きも強くなる訳で、大物になるとなかなか上がりません。無理に引き上げようとしてバレてしまったという苦い経験が実は何度かあります。(^^; なので今回はバラさないよう慎重に巻き上げゲットしました。

釣果
釣果

その後、お祭りついでに掛かってた1枚を含め小型が2枚上がって、都合本命4枚の釣果。因みに外道トラギスくんは15尾でした。14時くらいに竿収め。船屋へ戻る。

下船後、船屋に温かいおでんが用意されてました。なんと無料サービス。これは嬉しいですね~。これから贔屓にしちゃいそうです。


<データ>
ポイント:大貫沖
潮回り:小潮
満潮:11時
干潮:4時30分、16時20分
風:ほぼ無風。
波:ベタ凪。
天候:曇天
釣果:カワハギ4枚
 (うち30cm級1枚)
 トラギス15尾
 参考:竿頭6枚、裾0枚

船屋:浦安 須原屋
料金:8500円
(ネット割引券500円offで 8000円)
※エサ/氷別(500/200円)
※下船後、温かいおでんの無料サービスあり。
※サービス券(次回1000円引)がもらえる。
 

*1:「ツ抜け」10以上の事。
 数えで・・・8つ9つの先になり
 「つ」が付かなくなる意味。


帰宅後は釣果を調理

カワハギ
まずは大型カワハギから

カワハギの肝
頭をもいで、内臓を取り出します。
プリプリで白く大きな肝。これで肝あえを作ります。

肝あえ
肝あえ

内臓を取った後、皮をペロンと剥ぎ、三枚におろして刺身を作る。肝は包丁で叩いて滑らかにして山葵と醤油を加え、身と和えて出来上がり。

Sanmai
次はトラギス。
天ぷら用に下ごしらえします。

ヌメりを洗い流し、ウロコを取る。
頭を切り落とし、内臓を出す。
血合いを奇麗に洗い流して、背開きで三枚におろす。

あとは衣を付けて揚げるだけ。

トラギス天ぷらの盛合せ
トラギス天ぷらの盛合せ

美味しくいただきました~♪

|

« 謹賀新年 2008年正月 | トップページ | カワハギのアラの煮付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74745/17561942

この記事へのトラックバック一覧です: [釣り日記]カワハギ:乗合船(浦安 須原屋)2008.1.2:

« 謹賀新年 2008年正月 | トップページ | カワハギのアラの煮付け »