« 今週の江戸川zoo 081011 | トップページ | [釣り日記]ボートハゼ釣り in 江戸川 2008年10月13日 »

2008/10/12

[陶芸日記]2008年10月12日

今週も日曜日は陶芸スペース釉で制作。

作陶展のカフェで使うお皿の2枚目が焼きあがりました。

皇帝ペンギン雛大皿
皇帝ペンギン雛大皿

一枚目と同様、歪み反り返ってしまっています。大きさに対して厚みが薄く、また底が曲面になるよう削っている為、表面より面積が広い分、収縮が顕著に出てしまい、予想外の変形を起こしてしまっているようです。

厚みを持たせ、渕際だけが少し立ち上がるような感じが良いのかな。 焼きの影響の読みは経験積まないと難しいですね。


それから、そのお皿とセットとなる湯呑みの削り、整形仕上げをしました。

皇帝ペンギン湯呑み
皇帝ペンギン湯呑み

外見は普通のツートンカラーの湯呑み

皇帝ペンギン湯呑み
皇帝ペンギン湯呑み

底面にペンギンの顔を象嵌で施してあります。

そして、もうひとつ、ぺんぎんカードスタンドの素焼きが上がったので、下絵付けをしました。

ぺんぎんカードスタンド
ぺんぎんカードスタンド

いつも通っている江戸川区自然動物園をイメージした煉瓦の台の絵柄になってます。来週本焼きがあがります。

作陶展は11月7・8・9日(金~日)。もうすぐなので、作品仕上げを急がねば!

|

« 今週の江戸川zoo 081011 | トップページ | [釣り日記]ボートハゼ釣り in 江戸川 2008年10月13日 »

コメント

難しいですよね。タタラ。象嵌してたらなおさらでしょう。
陶芸の先生は大きめのタタラ皿乾燥のときに、皿のうえに型のつかない重りをのせていました。
高台をつけたほうが歪みにくいとか聞きましたが、私の顔皿は足型高台つけたけど5~6個歪んでボツりました・・・。
可愛いのにもったいないな。表札とかに使えないかな。

投稿: こまつか苗 | 2008/10/16 20:08

>こまつか苗さん
薄さと粘土の質の違いと要素が複雑なので、余計に読みが難しいです。高台は付けたほうがいいかなと感じていたところでした。本当ならボツなのですけど、先生がこのまま使いましょうと言ってくださっているので、カフェで使う予定です。時間があれば作り直すのですが、時間がないもので(^^;

投稿: あきら | 2008/10/16 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74745/42803825

この記事へのトラックバック一覧です: [陶芸日記]2008年10月12日:

« 今週の江戸川zoo 081011 | トップページ | [釣り日記]ボートハゼ釣り in 江戸川 2008年10月13日 »