« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/30

「川喜田半泥子のすべて展」 @ 松屋銀座 2009.12~2010.1

陶芸作家「川喜田半泥子かわきたはんでいし」の作品展を観てきました。

川喜田半泥子のすべて展

素朴で大胆な造形の作品群。伝統・常識といった形に捉われず、のびやかな奔放とした作風がとても魅力的。茶関連の作品が多く、当時の茶会の流行の様子を垣間見ることができます。

ワタシは茶道がなんたるかという知識が殆ど無いので、茶会における器の位置付け、善し悪し、について適確なコメントはできませんが、茶の場に於いて、器は「用」のみではなく、「美」として鑑賞するという要素をかなり重んじているものなのだなと感じました。

「川喜田半泥子のすべて展」
期間:2009年12月30日~2010年1月18日
場所:松屋銀座
入場料:一般1,000円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/27

[釣り日記]ショウサイフグ:乗合船(大原:春日丸)2009年12月27日

 外房大原へ乗合船でフグ釣行。昨年の2月以来久々、生涯2度目の外房トライ。前回は、型・数とも良く、それに白子も入っていて結構良い釣果だったので、今回も大漁で!と勇んでいたものの、結果は残念ながら低調な釣果。型が小さくアタリもポツポツで数も伸びず・・・。普段20~60尾くらいあがるって話なのに今日は竿頭が20尾程度。ワタシも20尾弱釣ったのですが半分は超チビちゃんだったのでリリース・・・。独り分の夕食お土産分はとりあえず確保しました(^^;

で、独りでふぐフルコースを堪能。まずは「ふぐ刺し」。

ふぐ刺し

ふぐ刺し

中央のコロコロした塊は、うす皮を湯引きしたもの。火を通すと薄皮の部分も美味しくいただけます。

話しは変わりますが、盛り付けていてふとお皿が気になる・・・。今度はふぐ刺しの盛り付けに映えるぺんぎん絵付け皿作らないとね!

それから「ふぐの唐揚」。

ふぐの唐揚

お酒と醤油とみりんで身に下味をつけ、小麦粉と片栗粉を合わせた粉をまぶして揚げます。生でも食べられるので、高温でさっと揚げ、余熱で火を通します。ホワホワですが味がしっかりしています。脂っこさがないので、サッパリといただけます♪

締めはお鍋「てっちり」。

てっちり

ふぐのあら(中骨)と昆布の出汁のみのシンプルな味付け。もみじおろしとポン酢でいただきます。これがもう絶品。いいお出汁が出るのですよ・・・。

あと、ちょこっと残った身で「昆布締め」を仕込みました。2晩くらい寝かすといい感じに味が滲みてきます。

今シーズン、もう一回リベンジ行くかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フグ釣り

外房大原にショウサイフグ釣りにきてます。5時出船まで暫し小休止。1時半起床なので眠い。

大原春日丸

ショウサイはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/26

今週の江戸川zoo 2009年12月26日

今日はもろもろ「事納め」。午前中はボウリングの投げ納めで15ゲーム投げてきて、午後は江戸川区自然動物園で「ぺんぎん納め」。

まずはお知らせ。

ただいま修行中!

今年産まれた「はんぺん」くん。なかなか親離れせず、隔離され修行中との事。早く立派に自立して元気な姿を見せておくれ。待ってるよ。

それから、懐こい「ひじき」「だいず」。今日も熱烈歓迎モードでお出迎え、遊んでくれました。

だいず
だいずくん

好奇心旺盛なだいずは、影の動きに敏感に反応します。本能と言えばそうなんでしょうけど、他の個体よりも明らかに執着の度合いが違います。この絵もワタシが手をかざし、その影を動かしているのを追っかけて反応しているところです。

ひじき
ひじきちゃん

一番活発に動いてましたね。「おいでおいで」と手招きすると寄ってきてくれます。今年はいっぱい遊んでくれてありがとう。とても癒されました。来年もいっぱい愉しませてくださいね。良いお年を。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/23

ぺんぎんラベルのワイン

じゃじゃ~ん!!

ぺんぎんラベルのワイン

ぺんぎんラベルのワイン♪ゲットしました^^

ブログでお知り合いになった「陶房呑器ののんびり日記」の呑器さんに譲っていただきました。呑器さん、ありがとうございました~。これはもう、お宝として飾っておきます!中身は飲んじゃいますけど・・・(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/12/20

[陶芸日記]2009年12月20日

Making

小ペンギンくん、絶賛増殖中!

先週作った子は成形仕上げをし、今週新たに作った子と一緒に並べました。トボガンポーズの子がお気に入りです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/19

[釣り日記]カワハギ:乗合船(浦安 吉久)2009年12月19日

 今シーズン2度目のカワハギ乗合船釣行。今回は浦安 吉久さんに乗船。

 10名程度のお客さんが乗船、釣果はボチボチ・・・5枚と寂しい釣果。トラギスはいっぱい釣れたんですけどね・・・。小ぶりな型が多い中、特大尺越えの31cmが一枚あがりました。もちろん立派な肝が入ってまして、美味しく肝和えをいただきました♪

カワハギ鍋
カワハギ鍋

 それから「昆布締め」を作ってみました。お酢とお酒を1対1で合わせた液に出汁昆布を漬け、5分くらい待ち。柔らかくなった昆布に塩を振った切り身を挟みラップでくるんで寝かせます。
 いくつか小分けに仕込んで食べ比べをしたのですが、2、3日経つと良い具合に味が滲みてきます。酢を使っているので、日持ちはすると思いますが、残念ながら我慢できずに3日目で全部食べてしまいました(^^;

 写真はうっかり忘れてしまったので割愛(^^; 残りの小型カワハギはお鍋にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/16

「東京国立近代美術館所蔵 工芸名品展」和光ホール@銀座

勤め帰りに久々に銀座へ立ち寄り~♪この季節、夜の銀座はクリスマス一色。イルミネーション・ディスプレイがあちらこちらでキラキラと光を放ち、華やかさがあります。その街の様子を見て歩くだけでも楽しいですが、今日のお目当ては別です。銀座和光で行われている展示を観にきたのでした。

東京国立近代美術館所蔵 工芸名品展
「東京国立近代美術館所蔵 工芸名品展」
銀座和光本館6F 和光ホール
2009年12月12日(土)~23日(水)
10:30~19:00(最終日17:00まで)
入場無料

漆、木工、硝子、陶器、他、様々な名品が展示されてありました。点数は少ないですが、入場無料にしては豪華な名品の数々が出品されていました。

中でも個人的に目を見張ったのは、「鈴木長吉」「初代宮川香山」の作品。両方とも鳥をモチーフにした作品だったのですが、まるで生きているかのような生命感があり、細かくリアルな描写に心を揺すぶられました。

鈴木長吉の作品は鋳金で、象嵌も施してある大変凝った作品。初代宮川香山のほうは陶器の花器「鳩桜花図高浮彫花瓶」。花瓶の表面に花・植物の平面的な装飾に加え、鳥・木がレリーフで表現されている。これがまた半端じゃない。生命感・細かくリアルな描写を自分の頭で作るところをシミュレーションしようにも、想像が追いつきません。当然と言えば当然なのですけどね・・・。雲の上の方の至高の仕事です。

道のりは険しいけれど、これらのお方に追いつき追い越すつもりで頑張らねばと、大変刺激になりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/12/13

[陶芸日記]2009年12月13日

今日は終日曇天、寒い一日でした。今週の制作は、素焼き済みの器に施釉をし、新しい「小ペンギン」シリーズの成形をしました。

Making

またいっぱいこさえて、ルッカリーを作ろうかと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/12/06

[陶芸日記]2009年12月6日

作陶展の後、ちょっと気分転換に轆轤をやってます。私の場合、成形・絵付けに重きを置いてきていたので、あまり陶芸の基礎経験ができていないので、ちょっと充電期間として、普段と違う事を試みてます。

Making

ペンギンものにせず、釉薬や化粧土など、いろいろ試そうかと思っていたのですが、地の土が信楽白土で、余り面白いバリエーションがないので、簡単なペンギン絵付けを施そうかなと思案中。

あと、次回の作陶展用の小ペンギンをぼちぼち作り始めようかと・・・。ジェンツーペンギンをいっぱい作る予定です。

そうそう、今回のアデリーペンギンくんらは、おかげさまで全部嫁いでいきました。ありがとうございました。また可愛い子らをいっぱいこしらえて準備しておきますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/05

今週の江戸川zoo 2009年12月5日

あっという間にもう師走に突入。一年は早いですね~。今週末もボウリング早朝自主トレの後、午後のペンギン in 江戸川区自然動物園。

だいぶ寒くなってきましたが、ペンギンくんらは結構元気な様子で、時折プールで泳ぐ姿を見せてくれました。「ペンギンは寒いところがいいんでしょ?」とよく思われがちですが、ペンギンにも種類があって、生態・生息地も様々なのです。

温帯に生息する種もおり、それらの種は当然寒さは苦手なわけです。ここ江戸川zooの子たちは、温帯に生息する「フンボルトペンギン」という種なので寒さは苦手。でも、海に潜って餌を取る際は、冷たい海流の中に入っていくため冷たい海水の中で泳いでも大丈夫な体のつくりになっているのです。

前置きが長くなってしまいましたが(^^; 今週は、懐こいひじき・だいずが熱烈歓迎モードで遊んでくれました。

だいずとひじき

だいずとひじき

写真向かって、左がだいず(♂)、右がひじき(♀)

人に近づけるポジションを巡って争っている最中の図。いい位置をとったひじきちゃん、後ろから迫るだいずのプレッシャーを気にしています。視線のシビアさがその緊張感を物語っています。

でも、この解説、感覚的に解かってくださる方いらっしゃるかな・・・。マニアックですよねぇ(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »