« [陶芸日記]2009年12月13日 | トップページ | [釣り日記]カワハギ:乗合船(浦安 吉久)2009年12月19日 »

2009/12/16

「東京国立近代美術館所蔵 工芸名品展」和光ホール@銀座

勤め帰りに久々に銀座へ立ち寄り~♪この季節、夜の銀座はクリスマス一色。イルミネーション・ディスプレイがあちらこちらでキラキラと光を放ち、華やかさがあります。その街の様子を見て歩くだけでも楽しいですが、今日のお目当ては別です。銀座和光で行われている展示を観にきたのでした。

東京国立近代美術館所蔵 工芸名品展
「東京国立近代美術館所蔵 工芸名品展」
銀座和光本館6F 和光ホール
2009年12月12日(土)~23日(水)
10:30~19:00(最終日17:00まで)
入場無料

漆、木工、硝子、陶器、他、様々な名品が展示されてありました。点数は少ないですが、入場無料にしては豪華な名品の数々が出品されていました。

中でも個人的に目を見張ったのは、「鈴木長吉」「初代宮川香山」の作品。両方とも鳥をモチーフにした作品だったのですが、まるで生きているかのような生命感があり、細かくリアルな描写に心を揺すぶられました。

鈴木長吉の作品は鋳金で、象嵌も施してある大変凝った作品。初代宮川香山のほうは陶器の花器「鳩桜花図高浮彫花瓶」。花瓶の表面に花・植物の平面的な装飾に加え、鳥・木がレリーフで表現されている。これがまた半端じゃない。生命感・細かくリアルな描写を自分の頭で作るところをシミュレーションしようにも、想像が追いつきません。当然と言えば当然なのですけどね・・・。雲の上の方の至高の仕事です。

道のりは険しいけれど、これらのお方に追いつき追い越すつもりで頑張らねばと、大変刺激になりました。

|

« [陶芸日記]2009年12月13日 | トップページ | [釣り日記]カワハギ:乗合船(浦安 吉久)2009年12月19日 »

コメント

宮川香山で検索していて辿りつきました。宮川香山について研究しているものです。和光で展示されていることを知りませんでしたので、とても参考になりました。有難うございました。ぜひ行ってみようと思います。
http://kozan.blog.so-net.ne.jp/archive/200806-1

投稿: 眞葛博士 | 2009/12/18 23:09

>眞葛博士さん
コメントありがとうございます。ブログ拝見いたしました。「真葛焼」なるジャンルがあったのですね。ワタシはそんな知識なく、今回の展示作品を観て初めて感銘しました。今後はワタシもちょっと「真葛焼」勉強したいと思います。ヨロシクお願いします。

投稿: あきら | 2009/12/22 07:45

この宮川香山さんは
たしか先日ご紹介した真葛長造の子で
たぶん見られたのは輸出用の
欧米人好みに作ったリアルなものだと思います。
横浜の窯で作られたものですから
横浜の市立博物館?に資料や作品がけっこう
あるんじゃないかと思いますよ。
たしか戦災で横浜の窯は途絶えてしまいましたが
現在は子孫が真葛窯を再興して
京都で茶陶をされています。(作風は違います)
香山の作品は、すごい技術と迫力に
ただただ驚きますよね。
私は渋い長造の作品のほうが好きではありますけど。

投稿: こまつか苗 | 2009/12/24 00:05

>こまつか苗さん
真葛焼きというジャンルがある事に驚きましたが、真葛窯まであるのですね。独自の工夫があるのですかね。横浜の資料・作品を是非観てみたいです。先にコメントいただいている方が、香山の研究されていらっしゃってサイトも作られているので、いろいろ参考にさせていただこうと思っています。

投稿: あきら | 2009/12/24 06:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74745/47053791

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京国立近代美術館所蔵 工芸名品展」和光ホール@銀座:

« [陶芸日記]2009年12月13日 | トップページ | [釣り日記]カワハギ:乗合船(浦安 吉久)2009年12月19日 »