« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/31

[陶芸日記]2010年1月31日

Making

今週から新しい大物を手掛け始めました。大きめの花器です。今度のはペンギンの形ではなく、浮き彫りでペンギンを表現します。今日はとりあえず、ベースの形を積み上げました。

作品のイメージとしては、「ルネ・ラリック」「宮川香山」風をイメージしてます。2月いっぱいで成形仕上げをして穴窯焼成し、4月の作陶展に出品する予定です。お楽しみに。

p.s. ビアマグご注文いただいているM井さま。お待たせしております。4月の作陶展の時までに仕上げる予定でいます。また進捗ご報告します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/27

北の動物大賞 甲府展


クラフト全国公募 第一回北の動物大賞展の全国巡回展示の第一弾開催が決まり、協会より案内がきました。

「第一回北の動物大賞 甲府展」
会場は、山梨県甲府市の「岡島百貨店」7階催事場。
(山梨県甲府市丸の内1丁目21-15)
平成22年3月4日(木)~11日(木)
午前10:00~午後7:00(最終日午後5時閉場)

出店作品は北の動物大賞展出品作品の他、入選者厳選の売筋クラフト作品の展示販売があります。

展示販売への出品案内があったのですが、ワタクシは作品のストックはなく、また期日までに数も揃えられないので、今回は残念ながら販売のほうは見送らせていただく事にしました。
因みにワタシの展示作品は、写真の「ぺんぎん醤油さし」「ぺんぎん香合」の2つが出ている・・・はずです。(^^;

また、甲府はちょっと遠いので、観覧も見送りかな・・・。もうちょい近くで開催になるのを待ちます。

甲府にお立ち寄りの機会のある方、お時間ありましたら観覧いただけると幸いです。宜しくお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/01/24

[陶芸日記]2010年1月24日

Virus

今週の陶芸制作はお休み・・・。というのは実はワタクシ、今週インフルってしまいました。その為自宅謹慎、外出禁止の身なのです。

独り暮らしの身なので必要最小限の食料調達の外出はしますが、マスク着用で神妙にです。 大分症状は良くなってきて回復してきたのですが、完治しないとウイルスを人に移してしまってはいけませんのでね。

という訳で小休止。来週からまた出直します。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/01/17

ペンギン会議 第18回全国大会@江戸川区総合文化センター

ペンギン会議

ペンギン会議全国大会とは、日本全国のペンギンが一同に集い環境について語り合う会議・・・ ではなく(^^; 日本全国のペンギン好きが一同に集い、ペンギンについて語り合う会議。今回で18回目と伝統のある行事です。会場は東京、江戸川区総合文化センター。例年参加者は百数十名のところ今年は約200名と過去最高の盛況な会となりました。

催事は2日に渡って開催。一日目は一般の部。二日目は館園施設関係者限定の部。ワタクシは一日目の一般の部に参加させていただきました。

朝10時から18時まで。講演とゲームなどが行われ、その後、懇親会の呑み会で情報交換、チャリティオークションと盛りだくさん。懇親会の2次会もあり、朝から晩までホント丸一日ペンギン漬けの一日となりました。

講演では、佐藤克文さんの南極での研究最新事情のお話しがとても興味深いものでした。研究にまつわる面白いエピソードをいろいろ聞かせていただいて、恐らくこの場以外ではお目に掛かることはないであろう貴重な写真・映像の数々を見せていただきました。これだけ聞けただけでも参加した甲斐がありましたね~。

「しまね海洋館アクアス」の立体構造のペンギン館
「しものせき海響館」のペンギン村
「長崎ぺんぎん水族館」のふれあいビーチ

のそれぞれ新施設紹介もとても魅力的で、どちらの施設もすごく力を入れた企画展示をされています。開設にあたっての裏方のお話しをお聞きすることで、是非とも伺ってみたいという欲求が湧いてきました。

でも休暇は限られているので、行きたいところが多すぎてチョイスが難しく悩ましいですね~(笑)

それから、書籍「ペンギンに会いに行こう!!」の著者ペンギン・スタイルのヒラカワさんも講演をされていました。
「ペンギンファンのマーケティング」に関する講演でしたが、各館園施設関係の方には結構興味深い内容だったのではないでしょうか。

先に紹介した「新施設」の館園にしても「マーケティング戦略」というのは非常に重要な事で、施設・企画を拡充すると共に、来場者への広報も重要な要素となります。来場見込者へいかにして情報を周知し、魅力を伝え、そして来場へ結びつけるか。さまざまなメディアを用い、情報を発信し、来場者を呼び込まなければなりませんからね。

今後は実際に館園さんとお仕事が繋がり、事例が聞けたりすると面白いですね。

ゲームでは、「ぺんぎんかるた」に「ぺんぎんすごろく」の企画イベントがあり、マニアックなぺんぎんネタの数々に感動!楽しませていただきました。すごろくで使われたクイズが難しくて、三者択一式なんですけど、普通の人にはまず解かりません(笑) 考案者上田さん、本職の教員魂が感じられます。

休憩を挟みながらでしたが、プログラムはあっという間に終わってしまい、物足りないくらいでした。でも、各施設の方のお話を聞くことになったら、時間はいくらあっても足らないでしょうから仕方ありませんね(^^;

懇親会では、顔見知りの方は数少なく、それほど多くの方とは会話する事はありませんでしたが、チャリティーオークションでは、ペンギン陶作品を2つほど出品させていただいてちょっとだけアピールさせていただきました。「ペンギン壁掛け時計」と「ペンギン湯呑み」の2点。それぞれお買い上げ頂いた方、ありがとうございました。

そのオークションに参加されていた方で、ワタシの作品に興味を持っていただいた方がいらして「是非作って欲しい」とご依頼があり、注文をお受けする事となりました。初見でちょっとしか作品を観ていただいてないのに、ご依頼をいただいて大変嬉しかったです。ありがとうございます。

ご注文は「コウテイペンギンのビアマグ」をデザインはお任せでという事で、新しいテーマでの制作となりますが、精魂込めて作らさせていただきたいと思います。ご注文いただいたM井様、お時間少々いだだきます。仕上がりをお楽しみにお待ちください。

という事で、ペンギン会議初参加の一日は大変有意義に過ごしました。また次回楽しみにしています。

第19回の記事はこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/01/16

[陶芸日記]2010年1月16日

いつも陶芸制作は日曜日なのですが、今週は土曜日に行いました。明日、日曜日「ペンギン会議」に出る為です。

Gentoo

小ペンギン置物。ジェンツーペンギンくんの第一弾が焼きあがりました。(写真ピンボケですみません(^^;)なかなか良い出来です。春の作陶展に向けていっぱい創らないとね!!

因みに2010年春の作陶展は、4月10、11、12日の3日間開催予定です。皆様宜しかったらご友人などお誘いあわせの上お越しください。ワタクシのペンギン作品も多数・・・(たぶん)展示の予定です。(頑張ります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/14

ラーメン日記[木場]来々軒:タンギョウ

今、木場・東陽町近辺は「タンメン」が熱い!

永代通り沿い、道を挟んだ斜向かいの至近距離に最近2軒のラーメン屋が相次いでオープン。しかもどちらもタンメンのお店。タンメンしかメニューがないという潔さ。餃子とセットの「タンギョウ」がお奨めという点で全くと言ってよい程同じスタイルのお店がしのぎを削る状況となってます。

もう一方の「トナリ」のほうへは既に何度も足を運んでいますが、こちらへは初訪問。

オーダーはもちろん「タンギョウ」です。

タンメン

タンメン

澄んだ清湯スープのタンメン。野菜の旨みと塩のシンプルな味。塩がちょっときつく、ややしょっぱい印象を受けます。

太縮麺

モチッっとした太縮麺。食べ応えがあり、もちろん、野菜・スープとの相性も抜群。

タンギョウ

餃子は餡がたっぷりぎっしり詰まっておりジューシー、ボリュームが大きい。皮は厚めでもっちり、でもパリッっという焼き具合に仕上げられており、絶品!これだけを食べにくる価値がありますね。

タンメン700円に餃子が450円、合計1150円。まあ、都内では標準的な価格設定。ところが、道を挟んだライバル店ではタンメンが720円に餃子が400円、合計1120円、さらにセット注文だとなんと880円と驚きの値段設定で提供しています。

餃子の味ではこちら来々軒が上だとは思いますが、価格を含めトータルでは「トナリ」かな。来々軒さん頑張ってタンギョウ900円で出して欲しいところです。

評価:★★★  (3段階評価)

<来々軒>東陽町店

食べたラーメン:タンメン 700円
スープの種類:清湯 (塩)
味の濃さ: 濃い目(塩味強い)
麺のタイプ:太縮れ麺
麺の固さ:やや柔目
脂:少ない
備考:餃子450円(絶品)

来々軒は以前、まごころ厨房のあたりで開業されていたが、2006年に閉店。2009年に現在の場所で再開されたようです。因みに現在の場所は、以前「どんがら屋(どんりゅう)」(豚骨らーめん)が営業していたところ。近くではホープ軒もいつのまにか姿を消していました。

来々軒
来々軒

<access>
東京都江東区東陽3-21-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グルメ日記[木場]帯広ぶた丼 北の大地

今日は午前中出張で、帰社途中でランチタイム。木場駅近辺でお店を物色する。久々に「吉左右きっそう」へ伺ってみると、相変わらず順番待ちの行列状態。ちょっと先の「まごころ厨房」へ足を延ばしてみるもこちらもちょい行列ができている。

昼休みは待っている時間はないので、まごころ厨房のお隣「帯広ぶた丼 北の大地」へ入店。看板メニューの「ぶた丼(並)」をオーダー。

ぶた丼

十勝の花畑牧場「田中義剛」よろしく北海道の「ホエー豚」を使用。良質の素材を使っているというのがセールスポイント。

お肉は確かに美味しいです。身は引き締まっているものの柔らかく、旨みが濃厚。臭みもなくジューシー。さすがに牛丼チェーンで出されている豚丼とはひとあじもふたあじも違いますね。


<帯広ぶた丼 北の大地>木場

ぶた丼(並) 795円
おしんこ、味噌汁、サラダ付き

Kitanodaichi

<access>
東京都江東区東陽1-25-7
※まごころ厨房のお隣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/11

新春麻雀大会2010年

中

今年も新春麻雀大会にお呼ばれして打ってきました。面子は大学浪人時代の恩師と同窓の仲間。今年で4年目。時間が経つのはホント早いものです。

昨年はボロ負けでしたが、今年はトントン。途中まで良い感じで勝っていたのですが、後半、チョンボ連発してしまい、大撃沈。前半の勝ち分でなんとか相殺となりましたが、もったいなかった・・・。来年はチョンボだけはしないように緊張感もってやらないと(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/10

[陶芸日記]2010年1月10日

年明けの制作初日。手掛けていたペンギン置物の絵付けを行いました。

Making

今回の小ペンギンは「ジェンツーペンギン」でいきます。

写真は素焼きに下絵付けした状態。これに透明釉を薄めに吹き付けて本焼成します。

春の作陶展は4月の予定。それに向けてぼちぼち構想・計画を固めていかないといけません。コツコツがんばらないとね。

話しは替わって、ぺんぎんネタですが、来週「ペンギン会議」なるものに参加します。ペンギンの学術関係者や動物・水族館の飼育関係など専門分野の方々から一般のぺんぎんマニアまで一同に集まるイベントのようなものです。

全国大会という事で、日本全国から様々な方がお集まりになるようです。ワタシはその会議の事は書籍などで存じてはいたのですが、自分自身が参加するには敷居が高いなと思っていました。

ところが、前回の2009年秋の作陶展を通じてお近づきになったペンギン通の方の中にそのペンギン会議に携わっている方が何人かおられまして、それがきっかけで今回の会に参加させていただく事となりました。

参加資格などなく、一般の方で興味のある方はどなたでも参加できます。会費があるので、気軽にとはいきませんが、ペンギン好きには大いに有意義なイベントとなるでしょう^^ ペンギングッズのチャリティオークションもあるそうで、ワタシも作品をちょっと出品させていただこかと思っております。

開催場所は、江戸川区総合文化センター。最寄駅はJR新小岩です。

興味がある方は、上田一生さんのサイトかペンギンスタイルをご覧ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/01/09

「花のうつわ展」@東京都美術館 2010年1月4日~9日

「第24回花のうつわ展」が東京都美術館で開催されました。ワタクシも作品を出品、入選いたしました。
今回、搬入および会場設置の準備をお手伝いさせていただきました。昨年年末の28日、朝から夕方まで掛かけ、苦労して設置準備を行ったので、より感慨深い展示となりました。

花のうつわ展会場

展示の様子はフォトアルバムをご覧ください。
Ex_thamb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/07

ラーメン日記[木場]ちゃんぽん大和

勤め帰りにブラっとお店を物色していてたまたま見つけたちゃんぽんのお店「大和」。木場駅から東陽町に向かって、永代通りを進み、左手ちょっと小道に入ったところにあります。店先といい店内といい昭和の雰囲気が漂う店構えのお店。

ここ最近、続けて往訪したので、併せてレビューしたいと思います。

まず一品目は、皿うどん。

皿うどん


皿うどん

あっさり味付けの野菜塩あんかけは、野菜たっぷりなところが嬉しい。豚肉・蒲鉾は入っていますが、イカゲソ等魚介系の味付けではない。濃厚さ・コクといった面では物足りなさもあるが、薄めの味付けは個人的には好きです。

セットでスープ(味噌汁)が付いてくる。この味噌汁のほうが味付けが濃くて、口直しにあんかけを口にするような妙な組み合わせです(^^;

それから二品目、大呂めん。

こちらのオリジナルかと思います。塩味のスープをかき卵あんかけにしたもの。

大呂めん


大呂めん


大呂めん


こちらは魚介系の具としてカニカマが加わってます。こちらも野菜たっぷり。茹で具合柔目の太縮れ麺との相性も良い。(因みにワタシは基本的に柔目が好みです) あっさり味付けでふんわか卵のやさしい味のメニュー。

いずれのメニューもあっさり薄めの味付けに好感が持てます。


評価:★★☆  (3段階評価)

<ちゃんぽん大和>木場

食べた麺:皿うどん 680円
スープの種類:野菜塩あんかけ
味の濃さ: 薄目
麺のタイプ:固焼きそば
麺の固さ:--
脂:--
備考:スープ(味噌汁)つき

食べた麺:大呂めん 700円
スープの種類:卵とじ塩あんかけ
味の濃さ: 薄目
麺のタイプ:太縮れ麺
麺の固さ:柔目
脂:--
備考:--

ちゃんぽん大和
ちゃんぽん大和

<access>
東京都江東区東陽3-6-2
永代通り沿い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/01

明けましておめでとうございます。平成22年元旦

新年あけましておめでとうございます。

2010newyear

旧年中はお世話になりました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »