« [陶芸日記]2010年2月14日 | トップページ | ラーメン日記[本八幡]新天地 »

2010/02/20

江戸風鈴の製作体験

職場の同僚の面々と「江戸風鈴」の製作体験をしてきました。

篠原風鈴本舗

お世話になったのは「篠原風鈴本舗」さん。場所は江戸川区南篠崎。最寄り駅は都営新宿線の瑞江駅。徒歩12分くらいのところにあります。

ガラス吹きから絵付けまで行い、お持ち帰りのお値段が1,500円とお手軽お気軽な製作体験。10名でぞろぞろと伺ったのですが、こちら団体さんの見学・体験も商いとされているので、対応は手馴れたもの。他にも2、3組のお客さんが見えてましたが、難なく対応されていました。

江戸風鈴製作体験

江戸風鈴製作体験

江戸風鈴製作体験

ガラス吹きは、管へ息を吹くところをやらせてくれますが、ガラスを温めたり管を回したりする操作は、職人の方にお任せ。

江戸風鈴製作体験

ガラスを冷ましている間に絵付けの説明を受けます。陳列されている作品を参考に絵付けのイメージを決めます。陳列されている作品の後ろには、芸能人のサインや写真が多数ありました。いろんな方がこちらを訪れ、体験されているようです。

江戸風鈴製作体験

絵付けは、ガラスの裏側に水性ポスターカラーで行います(※体験の場合)。凹み曲面に慣れない筆・絵の具で描かなければならず、また、筆を入れる角度も制限されるので、細かい描画は大変困難。ヨレヨレな絵になりながらもなんとか描きました。もちろんペンギンですよ(笑)

江戸風鈴ペンギン柄

江戸風鈴ペンギン柄

ケープペンギンとジェンツーペンギンを表と裏と描き分けました。

この「江戸風鈴」は、下面切り口部分がギザギザのままで、ふり管が触れるだけで音が出る仕組みになっているのが特徴。それが涼やかな音色のヒミツなのだそうです。その為、取り扱いに注意が必要です。絵付けの時も気をつけないといけません。

出来上がった風鈴は、大きさ、ガラスの厚さがそれぞれ微妙に異なるので、当然音色も、ひとつひとつ異なります。唯一無二のオリジナル作品。夏場に鳴らすのが楽しみです。

|

« [陶芸日記]2010年2月14日 | トップページ | ラーメン日記[本八幡]新天地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74745/47620139

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸風鈴の製作体験:

« [陶芸日記]2010年2月14日 | トップページ | ラーメン日記[本八幡]新天地 »