« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/30

ペンギン会議全国大会

「ペンギン会議」。ペンギン好きの方は耳にした事があるのではないでしょうか。ペンギン好きによるペンギンの為の会議・・・みたいなもんかな(笑)

ご縁があって、昨年の大会に初めて参加させていただいきました。そして今年も。「第19会ペンギン会議全国大会」(今週末12月5日開催)に参加させていただきます。

チャリティーオークションでは、作品を2点ほど出品させていただこうかと画策してます。インテリアプレートと皇帝ペンギンの染付け絵皿をエントリー予定です。

陶芸space釉の展示会以外では販売していませんので、お求めになるチャンス!大会に参加される方で、このブログをご覧の方、この機会に是非!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/11/28

[陶芸日記]2010年11月28日

新しいアイデアが浮かんで、ちょっと変り種の器を制作中。

Making02

ミルクポットです。

3つ足のポットで、取っ手と足の部分をペンギンで装飾します。

Making01

ベースのボディ部分を轆轤で挽きました。

土は、つる赤と信楽赤土のブレンド土。ペンギン部分は色分けをせず、造形・彫りの形状のみで表現する予定。どうなりますかね~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/27

[ボウリング]早朝自主トレ@ラウンドワン市川鬼高 2010年11月27日

週末に用事が重なった為、スケジュールをやり繰りし、ボウリングを早朝に行う事にした。ラウンドワン市川鬼高の早朝サービス「土日の朝5時~8時スタートで5ゲーム1100円(100円割で1000円とおトク)」でプレイ。

20101127play_2
Ave.199

最初のゲームはいい点出たのですが、調子はイマイチ。140とか出してて、安定せず。

スペアを取りに行く際、カバー用のボールに変え、ストレートの球質で投げるのですが、2番、4番ピンあたりを残した時にコントロールが定まらない。思った通り真っ直ぐいくこともあれば、右にスライスしたり、左にフックしてしまう事が多々ある。

この問題は随分前から認識していて、課題克服できていない。ちょっと発想を変えてフックラインで取りにいく方向で調整してみようかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/20

ラーメン日記[横浜]一風堂:赤丸かさね味

真葛ミュージアムの帰り、せっかく横浜まできたのだからと、普段と違うものを食べて帰ろうとお店を物色。地下街で「一風堂」を発見。関東でも結構あちこちにお店はあるのですが、今まで入る機会がなかったので、入ってみました。

赤丸かさね味
赤丸かさね味

さらりとした豚骨スープに「うまみ玉」と「香味油」が入り、さっぱりとしながらも香ばしさ、濃厚さのある一杯。

赤丸かさね味

極細麺との相性はもちろんバッチリ。

チャーシューも柔らか、味濃厚で美味。お好みトッピングの備え付けも嬉しい。お値段は850円。もうちょっと安くしてくれると嬉しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「宮川香山 真葛ミュージアム」@横浜

緻密な技巧作品で知られる「横浜真葛焼」。その真葛焼作品を所蔵されている美術館「宮川香山 真葛ミュージアム」がこの秋、10月にリニューアル。兼ねてから行きたいと思っていたところ、作陶展も終わりひと段落ついたので行ってきました。

カタログ、リーフレット
カタログ、リーフレット

この真葛焼、実はワタシが陶芸制作をする上で、常に意識し目標にしています。その精巧・リアルさ。そして芸術性、どれをとっても素晴らしい。

美術館の大きさとしては、10平米くらいのスペースが3部屋くらいの比較的小さめの規模。展示作品の数もそれほど多くはないですが、大変見応えがありました。そもそも陶芸、陶器販売を生業としていた宮川香山の作品は国内・海外に広く渡っている為、こうやって一箇所に集めるのは難しいのでしょうね。

作品を観ていると、ついつい自分が同じものを作ることを想像・シミュレーションしてしまい、時間があっという間に経ってしまいます。シミュレーションをすると、その造形力、技術力の凄さに圧倒されます。

ワタシの造形力・技術力では、まだまだ足元にも及びませんが、一歩ずつでも近づけるように頑張ろうと意欲が湧いてきます。また、作品の独創性では負けないようオリジナリティも大事と感じますね。

Appearance

横浜駅、きた東口より徒歩8分というアクセシブルな立地。

土日のみ開館。入館料大人500円と気軽に入れる条件が良い。また、作品の裏側も観られるよう随所に鏡を配置してある展示の工夫が大変嬉しい。見る人の目線を意識した良い展示をされている施設です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/19

[陶芸日記]2010年11月【秋の作陶展】どんぶり丼Don 釉陶展

2010年11月13・14・15日の3日間、陶芸スペース釉の秋の作陶展「どんぶり丼Don 釉陶展」が開催されました。今回もたくさんのお客様にお越しいただいて大盛況でした。ご来場ありがとうございました。

会場の様子はこちら「フォトアルバム」をどうぞ。

Figures
ペンギン置物(皇帝ペンギン親子)

ところどころジェンツーが居ます。(3羽ほど)皇帝親子との大きさ比率が合っていないのは気にしないでください。作った時期が違うので・・・(^^;

皇帝雛20羽、皇帝親8羽、ジェンツー3羽、計31羽。おかげさまで完売いたしました。お買い求めいただいた方、ありがとうございます。また、今回購入できなかった方、すみません。次回もっと作れるよう頑張ります。(前回も同じ台詞を言った気がしますが・・・(^^;))できる限り頑張ります。

皇帝ヒナ箸置き
皇帝ヒナ箸置き

この子たちも嫁いでゆきました。手放すのはちょっと寂しいけれど、ペンギン大好きな方に喜ばれて、貰われていくのはとても嬉しく、励みになります。

話は替わりますが、陶芸ブログのお仲間、ここのブログへもコメントを寄せていただいている"Potter-Y"さんが、遊びに来てくださいました。遠いところ、お越しいただきまして有難うございました。

そしてペンギン置物をご購入いただいた上、素敵なプレゼントをいただいてしまいました。

ぺんぎんペンダント

ぺんぎんペンダント
ぺんぎんペンダント

めちゃくちゃ可愛い皇帝ヒナのアクセサリ、ペンダントです。青の飾り玉も効いてますねぇ。

ワタシが感激の声を上げていると周りに人だかりができて、皆さん「可愛い」「欲しい」と羨ましがられました。でも、こんな素敵なの譲れませんよ~(笑)

いや~私の売り物より良いものをいただいてしまって、なんだか申し訳ない気持ちでしたが有難く頂戴いたしました。大切に可愛がります。ありがとうございますm(_ _)m


さて、次の展示は来春4月です。また皆様に喜んでいただけるよう頑張って制作に励みます♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »