« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/12/31

2010年を振り返って。2011年に向けて。

今年一番力をいれたのが陶芸制作。ここのところ2年くらいその状況は変わらず。

今年創ったのは、大きい穴窯花器、注文のビアマグ、キャンディボックス、その他販売用の猪口、ぐい呑、置物、どんぶり等々。でも、まだまだ創りたい、挑戦したいものが多々ある。

一点物に集中し、芸術性を追求した作り込みをしたいと思いつつ、実用・流通性を重視し、日常使いの器の量産もしたいと思う。

「週末作家」状態では、どちらもまま成らず。とは言ってもプロとしてやっていくには、高く険しいハードルが沢山ある。(気儘に創っているだけではやっていけませんから)

まずは、今のペースで出来る事からコツコツと。そう思ってやってきた一年でした。来年もその方針は変わらずやっていくつもりです。積み重ねていく事で状況が変わり、新しい方針に変わるかもしれません。兎も角一歩ずつ前進していこうといったところです。

次に力を入れたのがボウリング。(マイボール暦4年)。4月には自己最高「299点」をマーク。(あと1本でパーフェクト)アベレージは180点とまずまず。アベ200超えの時もあれば、170台の時もあり、不安定なのが目下の課題。

来年はもうひとつレベルアップを狙います。スコア安定、アベレージ最低目標を200。上の目標を230設定でいきます。もちろんパーフェクトは随時狙っていきます。

それから釣り。これは、ここのところ停滞気味。上の2つに大半の力入れてますからね(^^; 今年はハゼ釣り、ワカサギ釣りにも行けなかったなぁ。来年も行ける範囲で楽しめたらと思います。

そしてペンギン。今年は「ペンギン会議」に2回(1月と12月)参加させていただきました。ペンギン好きな方との出会い、お知り合いになる事ができ、大変有意義でした。ペンギン往訪は遠方へのお出掛けが無く、近場の江戸川zooに通い詰めてました。新しい仲間「はんぺん、ちくわ」が加わり、楽しみが増えました^^。来年は下関のペンギン村あたりにお出掛けできたらいいなと思います。

と趣味の事で満載・・・(^^;。 

食べる為の仕事のほうは、とりあえずこなせていればいいやという感じ。全くモチベーションゼロ。 会社では、自己研鑽とかで目標設定やら資格取得等々五月蝿く言われます。そりゃ、経営するほうとしては業績を上げる為にあれこれ施策をして社員の尻を叩くのでしょうけど、すみません。ぐうたらのまま行かせていただきます(^^;

うだうだと書き連ねましたが、今年一年を振り返ってと来年の抱負。心境はこんなところです。


これまでブログを見てくださった皆様。
今年は大変お世話になりました。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

皆様にとって良い一年になりますようにお祈りいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/12/30

DVDレビュー:カワハギ地獄 Bible!

カワハギ地獄 Bible!
カワハギ地獄 Bible!

発売したばかりの新作DVD「カワハギ地獄 Bible!」買いました。(魚釣り攻略法のDVDです)

水中でのカワハギの動きに、衝撃を受けました。
好奇心の強いカワハギは、餌じゃなくて錘の動きにつられて集まってくる。その様子が克明に捉えられているのを見て、「そうだったのか・・・」と痛感させられました。次回の釣行で誘い方などいろいろ実践してみたいと思います。
カワハギ釣りファン必見の1本。

発売元:株式会社つり人社
価格:3,990円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/26

苔玉会 2010年12月26日

普段、陶芸制作で通っている「陶芸Space釉」の企画で「苔玉会」(苔玉作り体験講習会)に参加。

こんな作品が出来上がりました。

苔玉

苔玉


黒松と赤い葉っぱの南天のアレンジ苔玉。ちょうど季節柄、お正月のお供えにぴったりのおめでたい雰囲気でいいでしょ~♪

植物、苔、陶皿の材料セットと講習費(おやつとコーヒー付き)で、確か\3,500だったかな。安いですね~。そしていい体験ができました(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/12/19

[陶芸日記]2010年12月19日

Making

今週は「カードホルダー」を創りました。
キューブの切れ込み部分に名刺やカードを挟んで使います。
ペンギンはジェンツーペンギンにする予定。

土はつる赤と信楽赤のブレンド。コシのある土は整形・加工しやすく、細かい作業に向いてます。つる赤は粗目の土なので、あまり微細な彫り込みはできませんが、土の安定感はピカイチ。

今回は化粧土、釉薬の組み合わせで色付けしてみようと思います。

仕上がりは来年になります~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/12/18

今週の江戸川zoo 2010年12月18日

Feeding01

Feeding02

久々に江戸川zooの記事を更新。いや、ほとんど毎週のように通っているのですけどね、ちょっと記事はサボり気味で・・・すみません(^^;

今週の飼育員さんのお話は「フンボルトペンギン」でした。

寒さのせいでしょうか、給餌タイムでもいまいちみんなのテンション上がらず、懐こい子だけが飼育員さんにまとわりつきます。

フンボルトペンギンのお話の時は、「ひじきちゃん」のお触りタイムが恒例なのですが、今週はお休み。というのは、どうもひじきちゃんが産気づいたらしいとの事で、急遽中止になったのでした。替りにひじきちゃんの換羽の時に採れた「ペンギンの羽毛」を触らせてもらえました。

ペンギンの羽毛
ペンギンの羽毛

この羽毛で、スタンプラリーの景品を作られるのでしょうね。

因みに産気づいたひじきちゃんですが、ペアのアスールとは、親子の関係の為、卵が生まれても取り上げてしまうそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/14

ラーメン日記[西葛西]麺屋ZERO1:武士系豚骨つけ麺

武士系豚骨つけ麺
武士系豚骨つけ麺

昨日に続いて、連チャンで麺屋ZERO1。今日は「武士系豚骨つけ麺」をオーダー。

浅草開化楼の太麺

浅草開化楼の太麺は、もっちり、がっつりでいい感じ♪

こちらのつけ麺は、麺のボリュームが選べます。200g、300g、400gの3つ。それぞれ680円、750円、820円。リーズナブルな料金設定が嬉しい。

今回、300gをオーダーしました。結構なボリュームでお腹いっぱいになります。

程よい酸味に旨み・コクのあるスープでなかなか美味しい、いいレベルだと思います。次は汁なしの和え麺を試してみます。

武士系豚骨らーめん 680円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/13

ラーメン日記[西葛西]麺屋ZERO1:武士系豚骨らーめん

東京メトロ西葛西駅、線路下の商店街「メトロセンター」に出店した新しいお店「麺屋ZERO1ぜろわん」。12月10日にオープンしたばかりのお店に早速行ってきました。

メニュー構成は、大きく2つに分かれています。「武士系豚骨シリーズ」と「ガッツリシリーズ」の2つ。

「武士系豚骨」はいわゆる魚介豚骨。「ガッツリ」は野菜たっぷり、ニンニクでパンチを効かせる「二朗インスパイア系」。それぞれ、温麺、つけ麺、汁なし和え麺のバリエーションがあります。

今回は、スタンダードメニューの「武士系豚骨」温麺、680円をオーダー。

武士系豚骨

浅草開化楼 太縮れ麺

こってり、とろみのあるスープは、豚骨ベース。「荒削節粉」を使用という事ですが、粉っぽさはなく、出汁の風味を上手く使われています。

麺は「浅草開化楼」の麺を使用。武士系豚骨とガッツリとで麺を使い分けているようです。スープとの相性、メニューのコンセプトを確り考えての具材のこだわり、いいですね~。

バランス良く美味しい一杯でした。つけ麺、和え麺も試してみたいと思います。

Zero1


<麺屋ZERO1ぜろわん
東京メトロ西葛西駅
メトロセンター3番街

武士系豚骨つけ麺 (300g) 750円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/12

[陶芸日記]2010年12月12日

Making

手掛けていた「ぺんぎんミルクポット」・・・否、「ミルクピッチャー」ですね・・・。 これの整形仕上げを行う。

細部の削り、磨きをして、ペンギン部分の柄(白色部分)に筆で化粧土を塗る。この後素焼き焼成し、来週施釉の予定。

うまく焼き上がりますように。特殊な形だけに壊れないかドキドキなのです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/05

ペンギン会議 第19回全国大会@江戸川区総合文化センター

「ペンギン会議」第19会全国大会が2010年12月5日(日)6日(月)に東京の江戸川区総合文化センターにて行われました。

私は昨年に引き続き2回目の参加になります。

このペンギン会議は、動物園等の園館施設関係者とその他一般のペンギン好きの方々が日本全国から集まり、一堂に会する大々的なカンファレンス。動物園にはいろんな動物がいますが、これほどのムーブメントを起こす動物はペンギンの他にないのではないでしょうか。

会議一日目は、一般も含めた誰でも参加できるプログラム。二日目は園館施設関係者限定のプログラムと別れています。

私はもちろん一日目の一般の部に参加させていただきました。(因みに参加者は総勢約200名という事でした)

興味深い発表、楽しいゲームと充実したプログラムを満喫し、また、同じペンギン好きな方々との貴重な出会いもあり大変有意義に過ごさせていただきました。

プログラムの最初は、ワシントン大学の教授、Dr.ボスマーの講演「マゼランペンギン研究27年の歩み」。英語による発表に通訳が入っての講演。

Dr.ボスマーは、ただ研究するだけではなく、調査結果をデータとして政府へ提出し、油による海域汚染の実情を政府に認識させ、政府を動かした(規制の実施により汚染被害が低減した)という行動力と熱い心の持ち主。もちろん英語はわからないですが、その言葉の端々にそのオーラを感じました。

次のプログラムは、「ペンギン会議20年の歩み」

Member

今年で20周年という事で、この会議の創設メンバーの方々の紹介がありました。

講演内容では、苦難苦労を乗り越えてやってこられた先駆者の方々の熱い気持ちに心打たれました。その足跡の一部の写真を見てエピソードをお聞きしただけですから、そのすべてを知る事はできませんが、実際には相当な苦労があった事でしょう。

学説的な情報がない中、各施設毎に暗中模索しながら、ネットワークを築き、学説的情報がないなら、自分達の足と目で情報をつくろうと動くエネルギー、熱い想い。すごいですね~。

でも、好きだからできる事でもありますよね。だから私もその気持ちがすごく解り、共感できます(笑)

その次のプログラムは、しものせき水族館「海響館」の体験型プログラム「ペンギンレンジャー」についての講演。実際に行われている体験プログラムを利用したクイズ形式の講演・プレゼンテーション。非常に楽しく内容もあり、上手な素晴らしいプレゼンテーションでした。

その次は、ボストンで行われた国際ペンギン会議のレポート報告。それから、南米チリへのペンギンツアーのレポート。 と、講演盛り沢山。ところどころユニークなポイントがあり、時折爆笑が混じる楽しい講演のオンパレード。堅くないところがいいです。

そして最後は上田一生先生プレゼンツの「ゲーム大会」。毎回手を変え品を変えやられていて凄いです。大いに楽しませていただきました(^^)

お昼休みには、物品の販売コーナーに写真家の「鎌倉文也」さんがいらしていて、その場で写真集を購入、直筆サインをいただいてしまいました。感激です~(T-T)。

Photobook01

Photobook02_2


またライターの「川端裕人」さんもいらしていて、ちょっとだけ会話をさせていたいただきました。このブログの名刺をお渡しして見るようにゴリ押ししただけで、なんとも申し訳なかったですが、見ていただけていたら嬉しいなぁ・・・。

プログラム終了後の懇親会では、チャリティオークションが実施され、私も少しばかりですがお力になれればと、作品を2点出品させていただきました。

写真は、オークション出品のペンギングッズの数々。

Auction01

Auction02

上の写真の中にあります。皇帝ペンギン雛の顔を象ったインテリアプレートと皇帝ペンギン親子の染付け絵皿。無事落札いただけました(^^; お求めいただきました河村さん、太田さんありがとうございました。

また、懇親会ではいろんな方とお知り合いになることができました。

まずは「ペンギンアート展」のスタッフの「青いヒゲ」さんと「さった」さん。今後とも宜しくお願いいたしますm(_ _)m。
→青いヒゲさんのブログ「ヒゲペン

それから、ペンギン柄のアロハシャツが目立っていた「人鳥堂本舗」の「大海 筆鳥」さんご夫婦。様々なペンギングッズを作られており、ネットで販売もされています(現在サーバ移転中との事)。

この大海さんとは、もっとびっくりする事がありました。実はすごいご近所さんだったのです。地元駅から家へ向かうバスの中でバッタリ鉢合わせ。歩いてほんの数分という超ご近所さんだったのですよ。ペンギングッズのコラボ展示とかもありかな~なんて夢も広がります。


久々にえらい長文な日記になってしまった(^^;

昨年、第18回の記事はこちら

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/12/04

[陶芸日記]2010年12月4日

Making

先週の続きで「ぺんぎんミルクポット」を制作中。基本的な整形は終了、あとはもう少し細部を彫り、削りをします。

当初、取っ手にもペンギンをあしらうつもりだったのですが、ちょっと口説くなるのでそれは止めて、代わりにポットの口周辺に渦のエレメントをあしらいました。

この器、取扱いは慎重にしないと、足のペンギン部分が、ちょいとぶつけるだけで、もげちゃいそうだな・・・(^^;

明日は、ペンギン会議行ってきます~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »