« [陶芸日記]ペンギン美術展入賞 | トップページ | [今週の江戸川zoo]2011年3月26日 »

2011/03/25

ラーメン日記[木場]魚介中華そば 幸

東陽町~木場間の永代通り近辺は、数多くのラーメン店が点在するラーメン銀座。新しいお店を見かけたので勤め帰りによってみました。

「魚介中華そば 幸」住所は、東京都江東区東陽3-6-2。以前「ちゃんぽん大和」があった場所、2010年年末より営業されているようです。

メニューは中華そばとつけ麺の二本柱。本日は、中華そば(700円)をオーダー。

中華そば

中太やや縮れ麺

スープは、いわゆるとんこつ魚介系。看板で「魚介」と唱っているので、魚臭いのかなと思っていたら、意外にも魚介臭さは皆無。とんこつと魚介の出汁のいいところ取りしたマイルドな感じ。ただ、塩分はやや濃い目。

脂分は控えめで、さらっとしているが、スープ自体はトロリとした粘度がある。トロみの正体は刻みたまねぎ。細かく刻まれたたまねぎがたっぷり盛られている。これのおかげでスープが麺によく絡み、良い一体感が出ています。

魚介系というと昨今の悪い流れで、魚粉をたっぷり入れて、魚臭く、粉っぽくて、ザラザラしたスープを出す店が、よく見られたのですが、こちらはそれとは別物で良かったです。

チャーシューは、箸で摘むとほろほろと崩れるほどの柔らかさ。味は旨みがしっかり滲みていてGood。シナチクは普通。

総合的には、オリジナリティ、クオリティを加味して、星三つ★★★の評価。次回はつけ麺を試してみたいと思います。

<おまけ>
こちらの器が良かったですね~(笑)
Donburi

蛸唐草の染付けどんぶりなんですが、描画デザインが秀逸。淵周辺の波文様も良いし、見込み中央の唐草文様が抜きで表現されているのもお洒落ですね。

さらにその周りの透かしのような淡い蛸唐草文様。これ、どうやって施したのか想像もつきません。抜きで描画されているのですが、抜きの部分も釉が入っている訳で・・・。麺食べながら、そちらのほうが気になって仕方ありませんでした。(^^; 

|

« [陶芸日記]ペンギン美術展入賞 | トップページ | [今週の江戸川zoo]2011年3月26日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74745/51218955

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン日記[木場]魚介中華そば 幸:

« [陶芸日記]ペンギン美術展入賞 | トップページ | [今週の江戸川zoo]2011年3月26日 »