« [陶芸日記]2015年8月14日:ペンギン茶碗 | トップページ | 第13回 ペンギンアート展 in 大阪 に出品します。 »

2015/08/15

国宝 曜変天目茶碗と日本の美 展@サントリー美術館 2015.08.14

国宝 曜変天目茶碗と日本の美

サントリー美術館で開催中の「国宝 曜変天目茶碗と日本の美 展」を観てきました。

掲載写真のメインビジュアルになっている茶碗が「国宝 曜変天目茶碗」。
中国・南宋時代につくられたもの。明治時代の実業家、藤田傳三郎(ふじたでんざぶろう)氏コレクションの一品。

曜変とは、本来窯変と書き、器に掛けた釉(うわぐすり)が焼成中に起きる偶然の変化により、模様が現れる事象のことを指すが、この器はその模様が「星の瞬き」「輝き」に見えることから、それを意味する「曜(耀)」の字が当てられるようになったというもの。

※天目(てんもく)は、釉(うわぐすり)の種類。

作品は素晴らしいものですが、思ったより小さく、掌サイズの小さな茶碗といった印象。

四方から見えるように展示はされており、観易いように工夫はされていたと思いますが、いかんせん観覧者が多く、この作品の周りは常に人がびっしり張り付いていて、よく観られなかったのが残念でした。

|

« [陶芸日記]2015年8月14日:ペンギン茶碗 | トップページ | 第13回 ペンギンアート展 in 大阪 に出品します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74745/62086649

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝 曜変天目茶碗と日本の美 展@サントリー美術館 2015.08.14:

« [陶芸日記]2015年8月14日:ペンギン茶碗 | トップページ | 第13回 ペンギンアート展 in 大阪 に出品します。 »