« [陶芸日記]2016年11月:Making:鳥ミルクピッチャー | トップページ | [陶芸日記]「コウノトリ」出品作品紹介_その1 »

2016/12/13

[ボウリング]DHCカップPBAスコーピオンオープン(PBAリージョナルツアー イン ジャパン2016)に出場

一昨日、DHCカップPBAスコーピオンオープン(PBAリージョナルツアー イン ジャパン2016)に出場してきました。
オープンの大会なので、プロライセンス(JPBA)関係なし、参加希望なら誰でも参加できるオープン大会。

優勝および上位入賞者に賞金が出る本格的な大会。出場者総数は123名、ここから先ず予選でふるいにかけられます。8ゲームのトータルスコアで競い、上位約40名が予選通過。その後、二次予選、準決勝、決勝戦と続きます。会場は、千葉のベガアサヒボウリングセンター。古き良き時代、昭和の雰囲気が漂うウッドレーンのセンターです。

朝8:30からスタートした予選は16時近くなって終了。結果は惨敗で77位でした。

スコアは、130、167、177、158、193、181、167、202. Ave.171.9。酷いもんです。因みに予選トップはアベ205.3(秋吉夕紀さん(元LBO))でした。

普段投げ慣れないウッドレーン、オイルパターンに苦しみました。因みにオイルパターンはPBAの「スコーピオン」パターン。(詳細は「ジャパンボウリングプロモーション」webサイトを参照)

オイルの長さ47フィートと長めなものの、厚さは薄目。ウッドレーンの影響もあってか、奥のドライ感が強く、めちゃくちゃ切れる(厚めに当たったり、裏へ行ったり)。それから、5枚目より外側へ出すと、ツーと流れて曲がらない。その影響でイージーのスペアカバーミスを多発してしまう。

攻略のポイントを絞り切れず、スペアもミスが重なり、前半はボロボロ。後半になんとか見つけた突破口は、内々のライン。10ボードの3~5枚内側を絞って投げるライン攻めでした。徐々にスペアカバー率も上がり、最後の最後にやっと200アップしましたが、時すでに遅し。

残念でしたが、まぁ、いい経験になりました。また近郊で開催のツアーがあれば、めげずに参加・挑戦してみようと思います。

|

« [陶芸日記]2016年11月:Making:鳥ミルクピッチャー | トップページ | [陶芸日記]「コウノトリ」出品作品紹介_その1 »

コメント

お疲れ様です。
予選トップアベが205というのは、
かなり難しいコンディションですね。
中遅外早ですよね。
プロで200ですから170アベは、
かなりいいスコアだと思います。
もうちょっとで予選通過できましたね。
次はこの経験が生きてきますよね!!

投稿: shuu | 2016/12/13 13:22

>shuuさん
ありがとうございます。記事に書いていませんでしたが、1ゲームごとにボックス移動するルールだった事もあって、皆安定したスコアが出せないという状況もあり、全体的にアベレージ低めの大会でした。
中遅外早(奥遅)で攻略難しかったです(^^;
またチャレンジしたいと思います^^

投稿: あきら | 2016/12/14 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74745/64618081

この記事へのトラックバック一覧です: [ボウリング]DHCカップPBAスコーピオンオープン(PBAリージョナルツアー イン ジャパン2016)に出場:

« [陶芸日記]2016年11月:Making:鳥ミルクピッチャー | トップページ | [陶芸日記]「コウノトリ」出品作品紹介_その1 »