« 2017年12月 | トップページ

2018/01/13

[陶芸日記]小鳥文鎮シリーズ

小鳥文鎮シリーズ「フクロウ、文鳥、カワセミ、メジロ、スズメ」の5タイプを創りました。

フクロウ文鎮 フクロウ文鎮

フクロウ文鎮
フクロウ文鎮(細部)

文鳥文鎮
文鳥文鎮

文鳥文鎮
文鳥文鎮(細部)

カワセミ文鎮
カワセミ文鎮

カワセミ文鎮
カワセミ文鎮(細部)

メジロ文鎮
メジロ文鎮

メジロ文鎮
メジロ文鎮(細部)

スズメ文鎮
スズメ文鎮

スズメ文鎮
スズメ文鎮(細部)

フクロウと文鳥はペアをモチーフに。フクロウはドライな性格を、文鳥は仲睦まじく寄り添う様子を表現。
マンガン釉薬、単色の渋い色味の仕上がりにしました。

この作品は、4月に開催予定の個展(池袋梅舎茶館)に出品予定です。是非観に、遊びにおいでください。

展示詳細は追ってご案内します。乞うご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/09

[陶芸日記]ペンギン文鎮シリーズ

ペンギン文鎮シリーズ「ヒゲ、フンボルト、ジェンツー、コウテイ、アデリー」の5タイプを創りました。

ペンギン文鎮シリーズ
ペンギン文鎮シリーズ5タイプ

ペンギン文鎮(ヒゲ)
ペンギン文鎮(ヒゲ)

ペンギン文鎮(ヒゲ)
ペンギン文鎮(ヒゲ)(アップ)

ペンギン文鎮(フンボルト)
ペンギン文鎮(フンボルト)

ペンギン文鎮(フンボルト)
ペンギン文鎮(フンボルト)(アップ)

ペンギン文鎮(ジェンツー)
ペンギン文鎮(ジェンツー)

ペンギン文鎮(ジェンツー)
ペンギン文鎮(ジェンツー)(アップ)

ペンギン文鎮(コウテイ)
ペンギン文鎮(コウテイ)

ペンギン文鎮(コウテイ)
ペンギン文鎮(コウテイ)(アップ)

ペンギン文鎮(アデリー)
ペンギン文鎮(アデリー)

ペンギン文鎮(アデリー)
ペンギン文鎮(アデリー)(アップ)

ペンギンが水中を泳ぐ姿を表現しました。
マンガン釉薬、単色。今回は白黒ツートンでは無く、敢えて単色の渋い色味の仕上がりにしました。

この作品は、4月に開催予定の個展(池袋梅舎茶館)に出品予定です。是非観に、遊びにおいでください。

展示詳細は追ってご案内します。乞うご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/07

[ボウリング]早朝自主トレ@ラウンドワン市川鬼高2018.1.7

早朝自主トレで10ゲームをプレイ。スコアは以下の通り。


20180107_01play

20180107_02play

20180107_03play

スコアは、156/181/269/214/257/233/200/174/179/202。
10ゲームトータル:2065。アベレージ:206.5。ローハイ差:113。

Strike 52(47%) Spare 42(38%)

年頭に購入したニューボール、ハンマー社の「ディーゼル」をメインで投球。

最初のゲームは、ボールの感触とレーンコンディションを掴むのに苦労し、ロースコアを叩いてましたが、3ゲーム目でようやく良い感触を掴めました。

掴んだ後のスプリットは、ボールのキレ、回転が落ち気味になると出てくる悪い兆候。最後のゲームは、そこを意識して修正して投げられたのは良かった。この感じで調子を上げていきたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/01/04

釣り初め2018

2018年1月2日。正月早々に乗合船でカワハギ釣りへお出掛け。

船屋は、浦安の須原屋さん。毎年お正月の恒例行事。昨年、一昨年と事情があってご無沙汰しており、三年ぶりの乗船。

釣果は渋めで、小振りのカワハギ3枚でした。

カワハギ釣り釣果
釣果、カワハギ3枚と外道でカゴカキダイとトラギス。

取り敢えず、カワハギは刺身とお鍋を仕立て、晩御飯に。

カワハギの刺身(肝醤油添え)
カワハギの刺身(肝醤油添え)

カワハギ鍋
カワハギ鍋

もちろん美味でしたが、小振りの3枚なんで、ちょっと物足りない感じでした(^_^;)

残りの外道は、下処理をして寝かせ、翌日天ぷらと塩焼きにしていただきました。

トラギスの天ぷら
トラギスの天ぷら

カゴカキダイの塩焼き
カゴカキダイの塩焼き

トラギスの天ぷらはふわっと柔らか食感で美味。
カゴカキダイの塩焼きは、小骨が多く身が薄いので食べ辛かったものの、淡白な味で、これも美味♪( ´▽`)

今度はワカサギでも行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/01

謹賀新年2018

明けましておめでとうございます。


Newyear2018

PDF(225KB)


本年も宜しく願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ