« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018/07/17

ボウリング合宿 2018年7月14、15日 [群馬]

恒例となっているボウリング合宿、今年は群馬方面へ一泊二日。
メンバーは例年同様。昔の仕事関係の知人、ボウリング仲間。40~50代の男やもめ4人組。

合宿といっても、ゆるいもので、ワンボックスカーで地方のボウリング場を巡り、温泉宿でのんびりする道楽の旅。初日に2センターを巡り、温泉宿で一泊。2日目の帰途に1センターを巡りました。

藤岡ボウル
藤岡ボウル

ボウリング合宿2018 in 群馬。初日一軒目のセンターは「藤岡ボウル」。

Fujioka_bowl_02
藤岡ボウルの内観

Fujioka_bowl_03
藤岡ボウルは、懐かしのウッドレーン。

こちらで5ゲームをプレイ。

20180714_01play

スコアは、201/181/156/212/185。
5Gトータル935。アベレージ187。

朝一のコンディションは、オイルがしっかり入っていて奥がキレる感じ。5-10枚目のラインを流す感じを軸に投球。

途中からキレすぎる感じに変わってきたので、15枚目くらいから8枚目へ外に出す感じでアジャストを試みた。

※今回の合宿での使用ボールは「STORM Vietual Tour V 2013」走る系のボールを使用。

二軒目のセンターに向かう前に昼食休憩。

kakinoki_01
柿乃木

初日の昼食は「柿乃木」。(藤岡ボウルの斜向かい)

kakinoki_02

看板メニューのひれかつ「せがれのひれかつ」。

kakinoki_03

特性ソースの沁みたソースカツがジューシーで美味!

家庭料理の小鉢も美味しくボリュームたっぷり。これで750円、大満足のランチでした。

初日二軒目のセンターは、「桐生スターレーン」。

Kiryu_starlane_01
桐生スターレーン

Kiryu_starlane_02

併設の卓球コーナー。福原愛のポスターで気合が入っている。

Kiryu_starlane_03

林修の「今でしょ」パロディーの3連発ポスター。

Kiryu_starlane_04

肖像権とか商用利用契約辺りは怪しい雰囲気ですが...。

Kiryu_starlane_05
桐生スターレーンの内観

階段昇り降りの起伏激しく、スロープなど補助は一切なし。バリヤフリーとは程遠い「バリバリバリヤー」な昭和的な造り。

Kiryu_starlane_06
桐生スターレーンも懐かしのウッドレーン。

こちらで3ゲームをプレイ。

20180714_02play

スコアは、202/202/190。
3Gトータル594。アベレージ198。

こちらのコンディションもオイルがしっかり入っていて奥がキレる感じ。5-10枚目のラインを流す感じを軸に投球。

途中からキレすぎる感じに変わってきたので、15枚目くらいから8枚目へ外に出す感じでアジャストを試みた。先に5ゲーム投げている分、身体が慣れてきて、コントロールが安定し、スコアも安定した。

2軒目のセンタープレイ後、宿泊先「ホテルふせじま」へ向かう。

ホテルふせじま
ホテルふせじま

ホテルふせじま夕食
Fusejima_03
豪華な夕食

温泉でゆっくり疲れを癒し、美味しい夕食に舌鼓。

合宿二日目は、ホテルふせじまの朝食バイキングからスタート。

fusejima_04

あれこれあって、ついつい取り過ぎてしまう(^_^;)

二日目のセンターに向かう道中、コンビニで小休止。

アイスまんじゅう

アイスまんじゅう
アイスまんじゅう

そこで発見した群馬ご当地アイス「アイスまんじゅう」。

硬いんだこれが(笑)。中のあんこ部分が特に硬い。同行者の一人が無理に噛んで歯が欠けました(汗)。

二日目のセンター「エメラルドボウル」。

エメラルドボウル
エメラルドボウル

Emerald_02
昭和感たっぷりの操作パネル。

店員さんが席まできて直接入力する半アナログタイプ。

Emerald_03
スコア表示パネルも「ブロック崩し」的なレトロ感が漂う。

因みにレーンは、ウッドではなく、シンセでした。

こちらで、5ゲームをプレイ。

20180715play

スコアは、139/180/209/182/203。
5Gトータル913。アベレージ182.6。

※こちらのスコアシートはピン残りが表示されないタイプ。

最初のゲームは、身体が思うように動かず、レンコンも掴めず終い。でも2ゲーム目後半からは、そこそこ掴めて打てました。

スコアがイマイチ伸びないのは、ここでも徐々に厚く入り始めたところでアジャストが甘くてタップしてしまうのが原因。

二日間13ゲームのアベレージは、187.9。

まあ、こんなところでしょう。普段打たないコンディションで「探る」投球は良い経験になります。

「厚く入り始める」状況へのアジャストの精度向上。これが目下の課題です。

二日目の昼食は「鍋うどん処さとり」。

Satori_01
鍋うどん処さとり

Satori_02
牛肉うどん

牛肉うどんを賞味。きしめんタイプの太く平たい麵はモチモチ。ニンニクの効いたお出汁で、〆の雑炊も美味しくいただきました。

帰途、嵐山PAで小休止。

Black_soft
ブラックソフト

「ブラックソフト」ほろ苦で美味しい♪♪(´∀`)

ということで、今年のボウリング合宿2日間のメニューは終了。今回も楽しい合宿でした。来年もまた楽しみです。

<関連ページ>
過去の合宿
2009年_伊豆修善寺
2010年_栃木
2011年_伊豆高原
2012年_新潟
2013年_山梨甲府
2014年_千葉南房総
2015年_富山
2017年_茨城

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/12

[ボウリング]望月理江プロチャレンジマッチ@ラウンドワン市川鬼高_20180711

平日ですが、会社を休んでボウリング、望月理江プロチャレンジマッチに参加。

望月理江プロと記念撮影

4ゲーム勝負、スコアはこちら。

20180711play

149/244/178/212。4ゲームトータル783。アベレージ195.8。 とスクラッチではマイナス・・・。
調子は、イマイチ。

ここのところ不調なので、ハンデが9(/ゲーム)ついて、トータル819。約40名の参加者中、6位でした。

望月プロも調子いまひとつで、トータル814くらいで、辛くもプロKO賞をゲット。

Prizewinner
プロKO賞をゲット

最初のゲーム、いきなりのスプリットで躓き、10ピンタップ三連続に辛抱堪らなくなり、3つ目をミス。さらに2つめのスプリットに泣き、緊張感が切れてさらに10ピンミス。ダメダメな最悪のスタート。

2ゲーム目のフォース2つで巻き返すも...。
3ゲーム目で、厚めに入るようになり、一度レンコンを見失い、スコアダウン。
4ゲーム目、ボールを変えてレンコンを掴み直すも、後半精細を欠き、スコアを伸ばせず・・・。

課題は、「厚めに入り始めた時の素早い対応」(対応力の精度)です。また次頑張ります(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/07

ラーメン日記[大森]ラーメンタロー大森の陣:小ラーメン(野菜増し、ニンニク、削り節トッピング)

「ラーメンタロー大森の陣」で、小ラーメン(野菜増し、ニンニク、削り節トッピング)を賞味。
750円で野菜増しとニンニク、削り節トッピングは無料♪


小ラーメン野菜増しニンニク削り節トッピング
所謂、二郎系。野菜てんこもりのガッツリ系。

小ラーメンのチャーシュー
チャーシューも絶品

小ラーメンの極太縮れ麵
この極太縮れ麵が病みつきになる旨さ。

店の外観
ラーメンタロー大森の陣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/05

映画「皇帝ペンギン ただいま」トークイベント in サンシャイン水族館 2018.7.4

イベント参加記念のステッカー

この夏、2018年8月25日公開予定の映画「皇帝ペンギン ただいま」。

その映画公開記念のイベントが昨日7月4日、池袋のサンシャイン水族館で開催されました。(写真はイベント参加記念のステッカー)

フランスから来日されたリュック・ジャケ監督と日本におけるペンギン研究の第一人者の上田先生によるトークイベント。19時から開催との事で、会社の仕事帰りに寄ってきました。

上田先生(左)とリュック・ジャケ監督(右)
上田先生(左)とリュック・ジャケ監督(右)

皇帝ペンギンただいまトークイベント
リュック・ジャケ監督のコメントは、通訳さんがその場で翻訳

本作は、皇帝ペンギンをテーマにした作品の2作目。一作目は12年前に公開されています。私はもちろん前作を劇場で観ています。

基本的にはドキュメンタリー作品。リアルな野生のペンギンたちの生態を捉えた感動作。

前作との大きな違いはその映像美。画質の各段の向上に加え、ドローンによる上空からの撮影と水中に潜っての撮影が加わっている。いずれも12年前になかったもので、よりリアルな彼らの生態を見ることができるという。

トークで語られた内容では、
近年南極で「雨」が降るようになり、これによって羽毛の防水力の弱い雛が濡れて、体温が奪われ、命を落とすリスクが高まっている。

また、溶けた雪は真水となって海に流れ出ると海水の塩分濃度を下げ、氷ができやすくなるが、温暖化の影響により、その量が多くなってきており、氷上の営巣地から海までの距離が長くなることで、これもまた雛たちの空腹の時間が長くなり命を落とすリスクが高まっている。

といった話など、ペンギンが直面している危機の切実な状況についてなど、貴重なお話を聴くことができました。

短い時間でしたが、映画にかける想い、ペンギンへの熱い想いを感じられて良かった。

今から映画を観るのが楽しみ。期待に胸が膨らみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »