ペンギン会議

2019/02/26

ペンギン会議第27回全国大会@江戸川区総合文化センター

2019年2月24日「ペンギン会議第27回全国大会」 に参加してきました。
会場は東京、江戸川区総合文化センター。

参加者は、園館施設の関係者と一般のペンギン好きの人々、合わせて約300名(二日目は園館施設の関係者のみで開催されます)。

ペンギン会議第27回プログラムプログラム
ペンギン会議第27回プログラム

ペンギン会議第27回会場
ペンギン会議第27回会場

友人からいただいたお土産の数々
友人からいただいたお土産の数々

ぺんぎん米とあまざけ
ぺんぎん米とあまざけ


プログラムの内容は、
------------------------------------------
○ ペンギン会議代表 降籏眞夫 追悼講演
○ ペンギンはどこから来たのか、ペンギンは何者か、
 ぺんぎんはどこへ行くのか
1. ペンギンを求めて:野生~園館まで
2. アルゼンチン・マゼランペンギン調査参加報告
3. マゼランペンギンの保全に向けた上越市の取り組み
4. ニュージーランド・ペンギン紀行 亜南極のペンギンたち
5. 水族館づくりに関する研究報告
6. トレーニングを用いたペンギンの学習イベントと健康管理
7. 大人のワークショップ ペンギンワッチについて
8. マゼランペンギンのトレーニング
9. フンボルトペンギンのジャンプ種目について
10. ペンギンたちの生活をより良くするために行なっていること
11. ペンギンの最新惰欄と保穫や研究のトレンド
------------------------------------------
懇親会

といった流れ。
朝10時から18時まで、休憩を挟みながらも、ぎっしり盛り沢山。

最初の講演は、昨年他界された降籏さん(会議の創設者/代表)の追悼。
特に縁の深かった関係者の弔辞のお言葉。
動物、ペンギンを愛し、また、同僚・後輩に対しても面倒見が良く、優しく温かい人柄であり、皆から慕われているのがしみじみと感じられ、胸にじんときました。
私も僭越ながら、ご冥福をお祈りいたします。

次の基調講演、「ペンギンはどこから来たのか...(省略)」は、足寄動物化石博物館の安藤先生の講演。ペンギンの進化の過程について、研究されている内容をお話しくださいました。生物学の好きな私には、とても興味深い内容でした。

その他の講演もとても興味深く面白い内容でした。中でもいくつか重複していた内容で、「トレーニング」による調教の話に驚きました。

以前、ペンギンのショーと言えば、ペンギンの気分次第でユルユルの行動をキーパーさんのトークでカバーするのがウケていましたが、最近ではトレーニングにより確実にペンギンをコントロールして見せるショーを行っている。

このトレーニングによる成果は、膨大な労力、日々の積み重ね、創意工夫・努力の賜物だというのが、発表を拝見して解りました。また、ショーのみではなく、日々のペンギン達の健康管理にも役立てているという点も素晴らしいなと思いました。

講演の他、物販やオークション、懇親会も楽しみのひとつ。

物販では、ペンギン会議オリジナルのイヤーピンバッチを購入(今年新作は無しだったので過去版を購入)。それと、写真にもある「ペンギン米」も購入。

このペンギン米は、「きぃ」さんこと小川起世美さんがご自分で作られたもの。ペンギン関係の寄付の為の販売との事で協力させていただきました♪(´∀`)

会場内や懇親会では、会員さんとの交流を楽しむ。皆さんが身に纏っているペンギンファッションで会話に華が咲き、ペンギングッズのお土産交換で華が咲き。ワタシはお土産手ぶらで貰ってばかりで恐縮でした(^_^;)

写真にある「あまざけ」もお土産でいただきました。あまりに良いお土産をいただいてしまったので、別途お礼をする約束をした次第です(笑)

そして、次回のペンギン会議は来年2月11日に長崎開催との発表がありました。長崎ペンギン水族館と周辺の観光とセットで楽しんできたいと思います♪(´∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/29

第26回ペンギン会議全国大会@江戸川区総合文化センター

2018年1月28日「第26回ペンギン会議全国大会」 に参加してきました。
この冬新調したペンギンのスカジャンでおめかし♪(´∀`)
ペンギンのスカジャン
ドレスコードはペンギン♪

会場は東京、江戸川区総合文化センター。

参加者は、園館施設の関係者と一般のペンギン好き、合わせて200余名。(二日目は園館施設の関係者のみで開催されます)

プログラムなど
プログラムなど

チラシなど
チラシなど

プログラムの内容は、

------------------------------------------

・南極地域観測隊体験記<基調講演>

・谷津遊園にペンギンがいた<一般報告>

 ~昼休憩~

・フンボルトペンギンの野生地交流活動<調査報告>

・ペンギン会議から生まれた共同研究

 ~水族館での環境エンリッチメント評価~<学習公園>

・ハンドメイド市場の急成長

 ~ペンギンアート展を切り口として~<一般報告>

・上越市立水族博物館「うみがたり」

 リニューアル経過報告<園館施設紹介>

・新イベント「ペンギンと水遊ビーチ」

 (長崎水族館)<園館施設紹介>

・ペンギンの新施設(サンシャイン水族館)<園館施設紹介>

・ペンギンの胃から見つかる石は何のため?

 (しものせき水族館)<研究考察>

・ペンギンを「知る」ためのお散歩イベント

 (須磨海浜水族園)<園館施設紹介>

・最新研究トピック

------------------------------------------

上記プログラムの他、ペンギングッズの物販。活動報告ポスターの掲示も実施。プログラム終了後には、懇親会(飲食パーティ)、グッズオークションも開催。(オークション売り上げは保護活動などに寄付)

と、内容盛り沢山の濃厚なひとときを楽しく過ごしました。

プログラムの中では、中学生の一般報告「谷津遊園にペンギンがいた」が秀逸でした。その着眼点が面白く、疑問に思ったことを自分で調べる調査力(行動力)が凄い。そして、観衆の心を掴む話術といい圧巻でした。

今年6月オープンする上越市立水族博物館「うみがたり」からは、このペンギン会議用にあつらえたオリジナルエコバックのプレゼントがありました(写真参照)。これは嬉しい。確り宣伝させていただきます。
うみがたり エコバッグ
うみがたり エコバッグ

物販では、写真家の鎌倉さんが販売されていた「ペンギンギャラリー2018カレンダー」(直筆サイン入り)をゲット♪(´∀`)

Penguin Galleryカレンダー2018
Penguin Galleryカレンダー2018

オークションでは、エジンバラ動物園のエコバッグをゲット♪(´∀`)

エジンバラ動物園のエコバッグ
エジンバラ動物園のエコバッグ

それから、楽しみな情報がありました。映画「皇帝ペンギン」の「続編」がこの夏公開されるとの事。配給元の方がお見えになっていて宣伝をされていました。前回無かったドローンによる空撮や、より深海に潜り、多くの撮影時間を費やした水中映像。また4Kカメラの映像美・迫力が素晴らしいとの事で、今から楽しみ。

と、もろもろあり、楽しい一日でした。また次回が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/19

ペンギン会議_第24回全国大会

ペンギン会議 第24回全国大会

2016年1月17日(日)
ペンギン会議 第24回全国大会に参加してきました。

今回は一年ぶりに東京での開催。場所は、江戸川区文化センター。
年々参加者が増えており、今回は250名を超えたそうです。

ペンギン会議24th会場の様子
ペンギン会議24th会場の様子

今回のプログラム(スケジュール)は、以下の通り。

プログラム(スケジュール)
(クリックで拡大版を表示)

「北のペンギン・・・」の話では、姿・生態が似ているウミガラスの研究をされている話から、その研究がペンギンの進化の謎の解明にも通じるといった大変興味深い研究結果・考察のお話を聴かせていただきました。

また今回新しい試みで、現役大学生の卒業論文で、園館施設の展示に関する内容を取り上げている方、2名の発表があった。実際に施設を運営する経営者や飼育員とは違う目線での考察は、ちょっとあまい部分があるものの、さらに突き詰めていけば、新しい展示に活かせそうな期待を持てるものでした。

それから、今回は小学生の発表があったのですが、これが、なかなかどうして確りした発表でビックリ。そして音楽の才能もあり、自分で作曲をする程。実際に会場にあるピアノでの演奏を拝聴したのですが、大変素晴らしく、衝撃的でした。楽譜すら読めない音楽の才能ゼロの私は、只々唖然とするだけでした(^^;

講演・発表の後の懇親会も楽しませていただきました。今回のオークションでは、ペンギンギャラリーの2016カレンダーをゲット。

Cal2016


内容盛り沢山、多くのペン友さんにもお会いできて充実の一日でした。

また来年(次回)が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/12/11

第23回ペンギン会議全国大会(その2)

第23回ペンギン会議全国大会 当日、ホテルで朝食を済ませ、会場である「海峡メッセ下関」近辺を散策、隣接の施設「ゆめタワー」に昇る。

View

下関周辺の景色を堪能しました。

そして、お昼に腹ごしらえ、下関駅前のお店「大衆食堂 一善」で、「くじら汁定食」をいただきました。

Kujirajiru00

Kujirajiru01

くじらのコロ肉の入った味噌汁。コロは、癖がなく、薄くコリコリした食感。噛むと甘い脂がじわっと出てきます。
付け合せのサバの塩焼きも絶品でした。

腹ごしらえを終えて、今回のメインイベント、ペンギン会議の会場へ向かう。

ペンギン会議

受付開始の12:30には会場に着くも、7割近い席がすでに埋まっている・・・。皆さん凄い入れ込み様です(^^;
参加者は、約170名とのこと。(因みに東京開催だと例年200名を超えます)

今回のプログラムは、

1.「ペンギン古生物学の最前線」
   足寄動物化石博物館 安藤達郎先生

2.「アフリカ SANCCOB での活動報告」
   ペンギン会議 笹森映里

3.「野生のペンギン探し旅 in New Zealand」
   ペンギン会議 小川起世美

4.「ペンギンの「歩く」展示に関して」
   京都水族館 幸田紗季

5.「ペンギン村5年間のあゆみ」
   海響館 石橋敏章

6.「鹿児島市平川動物公園の飼育の取組」
   平川動物公園 押し合い晋作

7.「ペンギン飼育施設の改修について」
   しまね海洋館 椋本浩二

懇親会

二次会

といった流れでした。

ワタシは、飛行機の時間調整ミスで、早く帰らなければならず、5番の発表の途中で、止む無く中座し、帰途へ。

旅の最後、山口宇部空港での夕食は、何故か「尾道ラーメン」。

Ramen

食べ物美味しいし、また行きたいです。

因みに来年(次回)のペンギン会議は東京開催の予定だそうです。
次回も楽しみです♪(´∀`)


第23回ペンギン会議全国大会(その1)へ戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第23回ペンギン会議全国大会(その1)

第23回ペンギン会議全国大会に参加してきました。

会期:2014年12月7日(日)
会場:山口県、海峡メッセ下関

ここ最近、ペンギン会議は、関東(東京江戸川区)での開催が続いていたのですが、今回は下関での開催。山口県は人生で初往訪。観光旅行も兼ねて楽しんできました♪(´∀`)。

一日前の6日(土)から前のりし、会議会場近くの水族館「海響館」を観てきました。

山口宇部空港へ午前中に到着。海響館がある唐戸近辺へ移動して、まずはご当地ランチを堪能♪「藤屋」というお店で、瓦そばとふくめしの御膳をいただきました。

瓦そばとふくめしの御膳
瓦そばとふくめしの御膳@藤屋(唐戸市場)

瓦そば

瓦そばは、熱く焼いた瓦に茶そばを乗せたもの。カリっとした部分とふわっとした部分が合わさった面白い食感。

ふく飯

ふく飯は、ふぐのタタキと皮が入ってます。ポン酢が合います。

ふくの唐揚

ふくの唐揚、この揚げ方、初めてみました。中骨を残した状態の三枚卸しをそのまま揚げてあります。身はふわっとしていて、肉厚でジューシー。中骨もカリっとして美味しくいただけます。

ふく汁(味噌汁)も、ふくの出汁でとても美味。到着して早々、ふくをたっぷり満喫させていただきました。


そして、いよいよお目当てのペンギンに会いに海響館へ。

海響館
ペンギン村の入口にそびえ立つ、大きなジェンツーペンギン像。なかなかの迫力。

Hunbo03
温帯ゾーンのフンボルトペンギン達。

Hunbo02

Hunbo01


続いて、亜南極ゾーンへ。

King01

King02

キングペンギンとジェンツーペンギン、イワトビペンギンが元気な姿を見せてくれます。

写真は上手く撮れなかったので、割愛しますが、水中トンネルのある大きな立体プールは、ペンギンが深く潜って泳ぐ姿を見ることができます。ペンギン達も生き生きとしています。

国内には、これと同じような大きな立体プールを擁する水族館が多々ありますが、ペンギン専用プールとしては、国内随一ではないでしょうか。素晴らしいです。

欲を言えば、フンボルトくんたちにも、このくらいの深さで生き生きと泳ぐスペースがあるといいなと思いました。


他にも、イルカ&アシカショーや、いろんな魚をみることができました。また、ここならではの特筆点として、フグの種類の多さが挙げられます。世界一というだけあっていろんな種類のフグが見られました。

それから、昔はくじらの街でもあったという事で、巨大なシロナガスクジラの全身骨格展示もありました。

Kujira


水族館を後にして、下関でのグルメ第二弾!ふくのコース料理晩餐会へ♪ お店は、下関駅前の「和や」という居酒屋さん。

ペンギン会議に参加するお仲間、人鳥堂本舗 大海ご夫妻と横山さんとワタシの4人で楽しい宴をご一緒しました。

Otoshi
まずはお通し

Course01
白子とうふ、煮凝り、ふくの皮

Course02
ふくの刺身

Course03
ふく鍋

Course04
ふくの茶碗蒸し

Course05
締めは、ふく雑炊

いや~美味しかった。至福のひと時でしたね~♪(´∀`)


第23回ペンギン会議全国大会(その2)へ進む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/21

ペンギン会議 第22回全国大会 2014年1月19日

Img

「ペンギン会議」今年も参加させていただきました。
開催場所は、東京「江戸川区総合文化センター」
プログラムの内容は、以下の通り。

・講演「バイオロギングによって明らかになった海中エサ取り行動」
 (渡辺祐基先生)
・「明治天皇のペンギン:102年目の真実」
 (大島潤一・ひとみ)
・「ミナミイワトビペンギンの新飼育施設について」
 (大阪海遊館)
・ペンギン村の魅力紹介
 (しものせき水族館)
・ふれあいペンギンビーチでの環境エンリッチメントについて
 (長崎ペンギン水族館)
・フンボルトペンギンの新飼育施設について
 (西海国立公園九十九島動植物園)
・「ペンギンとペンギンモドキ どっちがどっち?」
 (足寄動物化石博物館)
・ペンギンアート展2013報告
・チリでの活動報告
 (佐野 淳)
・チリでペンギンに出会う方法
 (近藤鉄也)
・第8回国際ペンギン会議の報告
 (村田倫子)
・ペンギンゲーム大会
・懇親会

どれも興味深く、楽しませていただきました。
特に「バイオロギング」の研究最新事情は、貴重な実験映像をたっぷり見られてとても良かったです。

このペンギン会議、年々参加者が増えており、今回は約250名。会場のホールが満席状態の大盛況。
このうち園館・研究関係者は100名前後で年毎の増減はなく、一般参加者が年々増えているそうです。

なお、来年の開催に関するアナウンスがあり、会場は下関になるそうです。
時期は12月の初旬予定との事。

関東(千葉)在住のワタシには遠くなりますが、ここのところペンギン詣での遠征もご無沙汰しているので、
きっかけにはちょうど良いかなと。来年がまた楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/19

「第22回ペンギン会議全国大会」について

Chibi00

今年もまたペンギン会議のシーズンがやってまいりました。

ペンギン会議上田先生のサイトで、公式にアナウンスがされましたので、ご案内いたします。

今回は年明け、2014年1月19日(日)開催です。詳細は上田先生のWebサイトでご確認ください。

ワタクシも勿論参加いたします。気になる方がいらっしゃいましたら、お声掛けください。
宜しくお願いします。

※写真は会議とは関係ありません。昨年ワタクシが作成した陶置物作品です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/27

ペンギン会議 第21回全国大会 2013年1月27日

「ペンギン会議」今年も参加させていただきました。
開催場所は、東京「江戸川区総合文化センター」
プログラムの内容は、以下の通り。

・江戸家子猫さん トーク&動物鳴き真似ステージ
・小学生「守屋真聖くん」研究発表
・チリ訪問報告(佐野敦さん)
・須坂市動物園報告
・メトロポリタン動物園-フンボルトペンギンの調査・保護活動事情
・日本平動物園施設紹介
・城崎マリンワールド施設紹介
・サンシャイン水族館施設紹介
・すみだ水族館、京都水族館施設紹介
・ニュージーランド最新ペンギン事情

それから、一部プログラムに変更があり、足寄動物化石博物館 安藤達郎博士の研究発表のお話しやペンギンアート展2013の告知などもありました。

今回は、久々のオリジナルグッズの販売もありました。

ぺんぎん手拭
ぺんぎん手拭

拡大図(左半分)
拡大図(左半分)

拡大図(右半分)
拡大図(右半分)

実はこれ、デザイン、作画は私が手掛けました(右端のロゴマークは除く)。

売り上げは、ペンギンの保護活動などに役立てられるという事で、お力添えできればと、協力させていただきました。自分のデザイン・作画が形になって、ぺんぎん好きの方に喜んでもらえれば、ワタシも嬉しいです^^

さらに嬉しいことに、参加者のお一人からサインを求められました。ビックリしました、初めてですよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/10

今度のペンギン会議(2013年1月開催)について

ペンギン会議

今度のペンギン会議は、年明け1月27日(日)(一般の部)です。
ワタシは勿論参加します(^-^)

一般の部は、ほんとに堅苦しくなく、ペンギン好きな人が楽しめる催しです。(翌日、二日目は園館施設関係者の部がありますが、一般参加は不可です)

開催場所は、東京都、江戸川区総合文化センター(最寄り駅はJR新小岩)。
時間は、10時~17時30分、その後に懇親会もあり、丸一日ぺんぎん漬けです(笑)。
参加費は、2000円。営利の為にやっているわけではなく、事務局の運営と寄付金に当てられます。

ペンギンの保護活動のお手伝いという気持ちで、ご参加されてみてはいかがですか?興味をもたれた方は、コメント、メールでご連絡ください。

因みに、この「ペンギン会議」は独自サイトでの情報発信はしておりません。「上田一生先生」のWebサイトでお問い合わせフォームから参加希望を受け付けていますので、参加お申し込みの際はご利用いただければと思います。

宜しくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/12/06

ペンギン会議 第20回全国大会 2011年12月4日

「ペンギン会議」今年も参加させていただきました。
開催場所は、東京「江戸川区総合文化センター」
プログラムの内容は、以下の通り。


  • ペンギン古生物学の現状(足寄動物化石博物館:安藤達郎博士)
  • 2011チリ訪問報告(ペンギン会議:佐野 淳)
  • ペルーのフンボルトペンギンの現状と研究(Dr.Carlos B.Zavalaga)
  • ペンギンアート展2011(ペンギンアート展実行委員会 大田幸一
  • マーガレットのマリンピア復興レポート~笑顔を未来に、元気を明日に~(マリンピア松島水族館 田中 悠介)
  • 長崎ペンギン水族館開館10周年のあゆみ(長崎ペンギン水族館:楠田幸雄)
  • フンボルトペンギン飼育施設リニューアルについて(京都市動物園:佐々木智子)
  • 松前松島水族館の新ペンギン施設の紹介
  • 旭山動物園から-ペンギン特別展のお知らせ(旭川市旭山動物園:田中千春)
  • ペンギンゲーム大会(クイズ、双六)
  • 懇親会~チャリティオークション、二次会呑み会

Conference
講演会場の様子。
参加者約200名(園館関係者+一般参加者)とたくさんの方がお見えでした。

Auction_goods
チャリティーオークションに出品されたペンギングッズの数々。私も作品「ぺんぎんカップ&ソーサー」を出品させていただきました。

Presentation
旭山動物園のプレゼンテーション中の写真の1カット。雪の中蹲るジェンツーペンギンの可愛い姿に思わずシャッターを切りました(^^)可愛すぎる・・・。

講演、ゲーム大会、懇親会。それから2次会呑み会と朝から晩まで、一日楽しんできました(^0^)また次回楽しみにしています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)