釣り日記

2014/01/02

[釣り日記]カワハギ:乗合船(浦安 須原屋)2014年1月2日

2014年の初釣行、毎年恒例のカワハギの乗合い船釣りに行きました。

Fish

釣果は、ワッペンサイズのカワハギが1枚。外道のホシササノハベラとトラギス1尾ずつ都合3匹と渋い結果。

坊主じゃなかっただけ良しとしましょう。大きいカワハギが釣れれば、刺身の肝和えをつくるところだったんですが、小さく、肝も殆どなかったので、3つとも煮付けにして美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/02

[釣り日記]カワハギ:乗合船(浦安 須原屋)2012年1月2日

2012年初釣行は、乗合船でカワハギ釣り♪去年と同じ1月2日。釣り物も同じなら、船宿も同じ。

釣果は、小ぶりのカワハギが5枚。(外道のトラギスは5尾)。

Kawahagi01

掌サイズが5枚。(全部♀)

Kawahagi02

このサイズだとあまり食べられるところが無いんですよね(^^; でも、一人前の夕食用にはこれで充分。

カワハギのお刺身
カワハギのお刺身

肝醤油でいただきます。新鮮なカワハギならではの楽しみ。

カワハギの煮付け
カワハギの煮付け

肝も一緒に煮付けてます(小さいですけど(^^;))

カワハギ鍋
カワハギ鍋

一人用の分量でミニ鍋を作りました。カワハギと昆布とお塩だけで、充分美味しい出汁の効いたスープになります^^

カワハギ、美味しくいただきました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/02

[釣り日記]カワハギ:乗合船(浦安 須原屋)2011年1月2日

カワハギ釣り

2011年初釣行は、乗合船でカワハギ釣り♪

釣果は渋く、2枚。

取り敢えず、坊主・スソは逃れましたが、竿頭にはほど遠く・・・。因みに竿頭は13枚という事でした。

でも、船中一番大きい28cmの大型を一枚上げられたので、まぁ良しとしましょう(^_^;

カワハギ
カワハギ 大小2枚

釣った魚は勿論美味しく調理していただきます。

大型のカワハギは見ての通り、肝パンパン。いい肝が入ってたので、迷いなく肝醤油のお刺身♪

カワハギ肝醤油のお刺身
カワハギ肝醤油のお刺身

肝醤油を作る際、肝を茶漉し等で裏漉しすると滑らかになります。それにチューブの生姜とお醤油を適量お好みで入れて出来上がり。これが珍味で美味しいのです^^

カワハギの煮付け
カワハギの煮付け

ワッペンサイズと大型のアラは煮付けにしていただきました。

煮汁のレシピは、
酒100cc、醤油50cc、みりん50cc、砂糖大さじ1、生姜を少々。

大型のほうのアラと卵、ワッペンに入っていた肝も一緒に煮付けました。

釣果少なかったのは悔しいですが、独り分の夕食、晩酌のアテにはある意味ちょうどいい量だったりします。

また次回、竿頭目指して頑張ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/12/30

DVDレビュー:カワハギ地獄 Bible!

カワハギ地獄 Bible!
カワハギ地獄 Bible!

発売したばかりの新作DVD「カワハギ地獄 Bible!」買いました。(魚釣り攻略法のDVDです)

水中でのカワハギの動きに、衝撃を受けました。
好奇心の強いカワハギは、餌じゃなくて錘の動きにつられて集まってくる。その様子が克明に捉えられているのを見て、「そうだったのか・・・」と痛感させられました。次回の釣行で誘い方などいろいろ実践してみたいと思います。
カワハギ釣りファン必見の1本。

発売元:株式会社つり人社
価格:3,990円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/27

[釣り日記]ショウサイフグ:乗合船(大原:春日丸)2009年12月27日

 外房大原へ乗合船でフグ釣行。昨年の2月以来久々、生涯2度目の外房トライ。前回は、型・数とも良く、それに白子も入っていて結構良い釣果だったので、今回も大漁で!と勇んでいたものの、結果は残念ながら低調な釣果。型が小さくアタリもポツポツで数も伸びず・・・。普段20~60尾くらいあがるって話なのに今日は竿頭が20尾程度。ワタシも20尾弱釣ったのですが半分は超チビちゃんだったのでリリース・・・。独り分の夕食お土産分はとりあえず確保しました(^^;

で、独りでふぐフルコースを堪能。まずは「ふぐ刺し」。

ふぐ刺し

ふぐ刺し

中央のコロコロした塊は、うす皮を湯引きしたもの。火を通すと薄皮の部分も美味しくいただけます。

話しは変わりますが、盛り付けていてふとお皿が気になる・・・。今度はふぐ刺しの盛り付けに映えるぺんぎん絵付け皿作らないとね!

それから「ふぐの唐揚」。

ふぐの唐揚

お酒と醤油とみりんで身に下味をつけ、小麦粉と片栗粉を合わせた粉をまぶして揚げます。生でも食べられるので、高温でさっと揚げ、余熱で火を通します。ホワホワですが味がしっかりしています。脂っこさがないので、サッパリといただけます♪

締めはお鍋「てっちり」。

てっちり

ふぐのあら(中骨)と昆布の出汁のみのシンプルな味付け。もみじおろしとポン酢でいただきます。これがもう絶品。いいお出汁が出るのですよ・・・。

あと、ちょこっと残った身で「昆布締め」を仕込みました。2晩くらい寝かすといい感じに味が滲みてきます。

今シーズン、もう一回リベンジ行くかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フグ釣り

外房大原にショウサイフグ釣りにきてます。5時出船まで暫し小休止。1時半起床なので眠い。

大原春日丸

ショウサイはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/19

[釣り日記]カワハギ:乗合船(浦安 吉久)2009年12月19日

 今シーズン2度目のカワハギ乗合船釣行。今回は浦安 吉久さんに乗船。

 10名程度のお客さんが乗船、釣果はボチボチ・・・5枚と寂しい釣果。トラギスはいっぱい釣れたんですけどね・・・。小ぶりな型が多い中、特大尺越えの31cmが一枚あがりました。もちろん立派な肝が入ってまして、美味しく肝和えをいただきました♪

カワハギ鍋
カワハギ鍋

 それから「昆布締め」を作ってみました。お酢とお酒を1対1で合わせた液に出汁昆布を漬け、5分くらい待ち。柔らかくなった昆布に塩を振った切り身を挟みラップでくるんで寝かせます。
 いくつか小分けに仕込んで食べ比べをしたのですが、2、3日経つと良い具合に味が滲みてきます。酢を使っているので、日持ちはすると思いますが、残念ながら我慢できずに3日目で全部食べてしまいました(^^;

 写真はうっかり忘れてしまったので割愛(^^; 残りの小型カワハギはお鍋にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/10

[釣り日記]ボートハゼ釣り in 江戸川 2009年10月10日

今シーズンのハゼ釣り。10月の3連休初日にやってきました。朝、ちょっと肌寒いくらいの陽気、終日曇天でコンディション的にはなかなか良い条件でした。

伊藤遊船

今回お世話になったボート屋さんは「伊藤遊船」さん。

Cats

軒先に猫がいっぱいいます。

2人乗りボート3500円とエサ(イソメ)500円で、計4000円。

店の桟橋から、モーターボートに乗って、河口まで下り、停留してあるボートに乗り継いで釣りスタート。

この時期は通常15センチ級に成長した大型のハゼが釣れるものなのですが、釣れ上がってくるのは小指程度のチビちゃんばかり。しかもアタリはまばらで渋い・・・。

チビちゃんはアタリがあってもなかなか針掛かりせず、釣り上げるのは難しいのですけどね、都合45匹ほど釣り上げました。

鯊釣果

ハゼ_up

アタリ年だともうちょい良い型で、軽く100尾いくんですけどね。今年はイマイチのようです。店の人に聞いたところ、先日の台風までは良型が出ていたが、台風以降、水温も下がり、大きいハゼはもっと下に下ったんじゃないかとの事。もうちょい早くくるんだったな・・・。

ハゼの天麩羅

釣果は、もちろん美味しくいただきました。まずは「ハゼの天麩羅」。大葉、ナス、玉葱の搔揚げと一緒に揚げました。

ハゼの南蛮漬け

それから「ハゼの南蛮漬け」。醤油・お酒で下味をつけた魚に片栗粉・小麦粉を合わせた粉をまぶして空揚げを作り、南蛮酢に漬け込みます。スライスした玉葱、焦げ目がつく程度焼いた長ネギ、白髪ねぎ、ピーマンスライスも一緒に漬け込みます。

南蛮酢のレシピは、出汁:5、酢:5、酒:1、みりん:1、醤油:1、砂糖1弱、塩少々を合わせ軽くひと煮立ちさせます。火を止めてから輪切り唐辛子を少々いれて完成。

この南蛮漬けが毎年楽しみなのです。


<データ>
ポイント:江戸川河口
潮回り:中潮
満潮:9時半
干潮:14時
潮流:--
水温:低め
気温:肌寒いくらい
風:ほぼ無風。
波:--
天候:曇天。
9時半スタート。
15時半上がり。
釣果:
 ハゼ45尾

船屋:伊藤遊船
料金:4000円
※エサ代込み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/04

[釣り日記]カワハギ:乗合船(浦安 吉野屋)2009.10.4

今シーズン初のカワハギ釣り。例年はもうちょい遅くから始めるのですが、今回は大会「探見丸カワハギグランプリ」(SHIMANO主催)に参加のため早めのスタートとなりました。

浦安吉野屋さんでの乗合船釣り。2隻の船で40数名の参加者による地方予選。各船上位2~3名が関東大会に進出となります。参加費9,500円(船代・エサ代込)通常の乗り合いと変わらない料金というのが嬉しい。

勇んで臨んだのですが、見事に撃沈。激渋の超過でカワハギ3枚・・・。外道はいっぱいきましたが、カワハギの大会なのでノーカウントなのです。

Kawahagi

ワタシの船のトップがたぶん6枚。もう一隻のほうがたぶん10枚、2位が6枚という状況。スソはたぶんオデコ(0枚)で全体的に渋かったのですが、もうちょい健闘したかった・・・。

釣果は美味しくいただきました。刺身、肝和え、煮付けに調理。独り分の夕食には量的にはちょうど良かったですが、悔しい・・・。

Nituke

これはアラ(頭部)の煮付け。結構食べるところあるんですよ。

次頑張ります! ショウサイフグもそろそろ行きたいな~♪

<データ>
ポイント:大貫沖
潮回り5大潮
満潮:5時、17時
干潮:11時
風:微風
波:ベタ凪
天候:晴天
気温:--(温かかった)
釣果:カワハギ3枚
 参考:竿頭6枚、裾0枚

船屋:浦安 吉野屋
料金:9500円(エサ込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/02

[釣り日記]カワハギ:乗合船(浦安 須原屋)02.Jan.2009

新年初釣りにお出掛け。昨年と同じくカワハギ乗合。船屋は須原屋@浦安。今シーズンは11月に続いて2回目の釣行。

ここのところ釣果情報では、ちょっと渋い状況のようですが、数は釣れなくても一人分のおかずが獲れればいいやとカワハギでいきました。アジビシのほうが好調のようでしたが、深場を電動リールで釣るというのがどうも好きになれないのと、アジは好きな魚ですが、結構安く売っているのであまりありがたみが感じられないのですよね(^^;

釣り船

釣り船

7時15分頃に出船。乗合船は、こんな感じの外観。大海原を滑走するのが気持ち良いですが、寒いのでキャビン(船室)に入ってポイント到着を待ちます。


ポイント到着は8時半くらい。晴天、微風、ベタ凪と絶好のコンディションでしたが、魚影薄く、アタリもほとんどないまま時間が過ぎていく。ポイント移動を何度か繰り返したところで辺りのお客さんにポツポツと型が見られ、ワタシの竿にも漸く新年初釣果、中型のカワハギがあがりました。

2009年初釣果カワハギ

まあまあいい型です^^
(写真は須原屋さんに撮っていただきました)

この後、トラギス一尾、カワハギ一枚、ウマヅラハギ一枚とあがりましたが、いかんせんアタリが少なく厳しい釣りでした。

15時前に終了。16時過ぎ船屋に帰船後、サービスの温かいおでんとお茶を戴きました。これ、ホント嬉しいです~。


<データ>
ポイント:大貫沖
潮回り:小潮
満潮:9時
干潮:15時
風:微風
波:ベタ凪
天候:晴天
気温:--(温かかった)
釣果:カワハギ2枚
 ウマヅラハギ1枚
 トラギス1尾
 参考:竿頭4枚、裾0枚

船屋:浦安 須原屋
料金:8500円
(DM割引券で千円off:\7500)
※エサ/氷別(500~/200円)
※下船後、温かいおでんの無料サービスあり。
※サービス券(次回500円引)がもらえる。


本日の釣果
本日の釣果
上2枚がカワハギ、下がウマヅラハギ。
トラギスは一匹ではしょうがないのでリリース。


家に帰って、道具等の手入れ・後片付けをして、本日の釣果を調理♪カワハギ2枚はお刺身にして、肝醤油でいただきます。

カワハギのお刺身
カワハギのお刺身

肝醤油でいただきます
肝醤油でいただきます

肝醤油はカワハギの肝を裏ごしして醤油とポン酢醤油で溶き生姜を少々加えて作ります。これを味わえるのがカワハギ釣りの楽しみのひとつでもあります^^。

ウマヅラとアラの煮付け
ウマヅラとアラの煮付け

ウマヅラとカワハギの頭部2つ(刺身にした残り部位)は煮付けにしました。頭部は結構食べる部分あるんです。モッチリふわっとした白身、煮付けも抜群に美味しい。釣果、存分に堪能しました~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧