p13.秋葉原・御徒町・上野

2015/12/30

ラーメン日記[上野]戸みら伊本舗:魚介豚骨ラーメン

2015年12月29日、お昼過ぎ。
上野の美術館へ行くついでに、ラーメンランチ。
アメ横にある「上野 戸みら伊本舗」で魚介豚骨ラーメンを賞味。

戸みら伊本舗_魚介豚骨ラーメン

厚手のチャーシューと太いシナチクは食べ応えあり。特にチャーシューは噛むほどに、旨さが沁みだしてくるよう。香りも良く、おそらく相当手間を掛けて仕込みをされているであろう深い味わいがある。

戸みら伊本舗_魚介豚骨ラーメン

麺は細ストレート麺、とろみのあるスープとの相性も良く、美味しい一杯でした。

今回は従来のスタンダード(青)を食べたのだが、新味(赤)もあり、そちらは麺が太麺と書いてあった。次は赤の太麺を是非試してみたいと思う。

上野 戸みら伊本舗
台東区上野4-5-9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/07

ラーメン日記[秋葉原]福の軒:特製らーめん

「大友克洋GENGA展」を観た帰り、ぶらりと秋葉近辺散策。

最近ラーメンは控えていたんですけど、たまにはいいかなと、ちょっとだけラーメン解禁。秋葉原駅前の「福の軒」でラーメンディナー。

こちら博多とんこつラーメンのお店。レギュラーの「特製らーめん」がなんと380円と大変リーズナブル。安かろう悪かろうということは無く、確り美味しい。

特製らーめんと明太子ごはん
特製らーめんと明太子ごはん

ラーメンがあまりに安いので、ついついサイドメニューもオーダーしてしまいました(^^;
明太子ごはん 250円

細ストレート麺

博多とんこつと言えば、この「細ストレート麺」。濃厚だけどさらりとしたスープとの相性もバッチリ。

キクラゲチャーシューもちゃんと入っています。なお、替え玉も安く、半玉50円、1玉100円。この安さでこのクオリティはスゴイですね。ウチの近所にもできてくれたらいいのになぁ~(^^;

福の軒

「福の軒」秋葉原店(とんこつラーメンのお店)
日比谷線 秋葉原駅から0分
「特製らーめん」380円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大友克洋GENGA展」@アーツ千代田

「大友克洋GENGA展」を観てきました。

大友克洋Genga展

私は高校生時代に「アキラ」「童夢」といった大友氏の漫画作品を読み、その世界感に酔いしれたものでした。ストーリー、演出の巧さは勿論、そのズバ抜けた画力に深い感嘆を覚えたものです。

雑誌、単行本で観る絵は印刷された平坦なものですが、原画には直接描いた筆跡、重ね描きした厚みがあり、「描き出した」臨場感、迫力があります。また、鉛筆の下書き、訂正して上書きした跡など、印刷では見えない部分の荒々しさから、筆者の息遣いが感じられました。こういったところが原画ならでは魅力ですね。

原画の他、面白い立体作品の展示もありました。

金田のバイク

金田のバイク、カッコいい~。

Jamper
Wear

金田のコスチューム。

円形にめり込む壁

円形にめり込む壁

展示の説明

これは、「童夢」の1シーン、超能力でこうなるんです。


今回の展示は、企画・試みが面白かったですね。まず、企画の本旨が東日本大震災復興チャリティーという点。チケット代の1/3が寄付として使われるということ。

それから、完全予約制という点。日時指定で人数制限をする事で、混雑を避け、展示をしっかりと堪能できるように配慮されています。この手法は、是非、公共の主要な美術館・博物館でも取り入れて欲しい。

大きな展示になればなるほど、利益ばかり考えて、観る側の事を蔑ろにされているなと、私は常々感じていたので、この手法は大賛成です。

展示の総評としては、大変良かったと思います。大友氏の原画作品を観て、単なる漫画の域を超えて、芸術的価値を感じ、改めてその素晴らしさに感動を覚えました。


「大友克洋GENGA展」
会場:アーツ千代田(東京 末広町)
会期:2012年4月9日~5月30日
※完全予約制

<おまけ>
アーツ千代田は、学校の廃屋をそのまま再利用しているユニークな展示会場。
Arts_chiyoda

まさかこんな建物とは思わず、見つけられなくて、あちこち探し歩いてしまいました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/27

ラーメン日記[入谷]こうめい

東京メトロ入谷駅。1、2番出口近く、言問通りから横道にちょこっと入ったところにあるひっそりとした店構えのお店「こうめい」に往訪。

らーめん(690円)をオーダー

らーめん
らーめん

黒いスープは、鶏とんこつ&魚介系のダブルスープに返しの効いたパンチのあるスープ。(鶏、とんこつ、魚介でトリプルのような気もするが・・・店のメニューにはダブルと書いてあるので、そのまま引用(^^;)

麺は細麺と太麵から選べます。今回は太麵を選択。

太麺

角ばった太麵は、もちっとした歯応えで食べ応えがあり、パンチの効いたスープと相性バッチリ。

それから、トッピングの「岩海苔」これがいいですね~。よく他の店では、板海苔が入ってますが、個人的には、岩海苔もしくは、韓国海苔がラーメンには合うと思います。

こちら、らーめんの他につけ麺と油そばがあります。いずれも690円とリーズナブル(麺の量が普通・中盛・大盛から選べます)。それにライス無料のサービスあり。他のメニューも是非試してみたいと思います。

「こうめい」
東京都台東区北上野2-30-9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/29

「かぐわしき名宝 香り 展」@東京芸術大学大学美術館

かぐわしき名宝 香り 展

「かぐわしき名宝 香り 展」を観てきました。場所は東京上野 東京芸術大学大学美術館。大学の構内にあります。

企画・テーマがなかなか面白い展示です。絵画・陶芸・木工・彫刻等々、さまざまなジャンルの香りにまつわる作品によって構成されています。

香炉・香合だけでもいろいろなタイプがあり、その精巧な細工を見ていると溜息が出ます。お香を焚く仏教伝来に関わる品々や香りを聞く茶会の文化の品々など、香りにまつわる芸術品は実に多岐に渡って存在するのですね。お茶会の場での「香りを当てる遊び」とその品々は特に面白いなと関心させられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン日記[鶯谷]麺処 遊:つけそば

煮干ラーメンのお店「麺処 遊」@鶯谷。TV等で取り上げられて、名を知られているお店です。

今日は汗ばむほどの暖かな陽気だったので、「つけそば」750円をオーダー。

つけそば

つけそば

麺は、平たく縮れた「ひもかわ麺」。

つけ汁はドロっとして粘度が高い。中にゴロっとサイコロ状のチャーシューが3つくらいと、シナチクが入ってます。
シンプルな煮干の旨みが濃厚で、汁というよりペースト状。

ひもかわ麺は汁の絡みが良く、このつけ汁だと纏わりすぎてしまうので、麺優先で考えれば、もうちょとサラリとしたつけ汁のほうが相性が良いのではないかと個人的に思います。

通常、ラーメン屋でつけ麺を頼む時は、最後にスープ割りをお願いするのですが、今回はナシ。というのも汁が絡まり過ぎて、最後のほう足りなくなるくらい汁がなくなってしまったのです(^^;

次回は、温かい麺を試してみたいと思います。

Yuu
「麺処 遊」@鶯谷

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/08/01

ラーメン日記[入谷]二代目真毅坊(山形水ラーメン)

「山形水ラーメン」というキャッチ看板に惹かれて入ってみました。「二代目新毅坊」。厳つい店名にやる気を感じます。
山形水ラーメン

看板メニューの「山形水ラーメン」750円。いわゆる冷やしラーメンです。

スープを凍らした氷入り

味が薄まらないようにスープを凍らした氷が入っています。スープはカツオの風味が濃くさっぱりとした和風魚介系。

細平打麺

麺は細平打麺。弾力と歯切れ具合のバランスが良い。冷製のスープとの馴染みも良いですね~。量はやや少なめですが、飽きのこないちょうど良い絶妙なボリューム。

温麺や油そばのメニューもあるので、また試してみたいと思います。

二代目真毅坊(山形水ラーメン)


二代目真毅坊(山形水ラーメン)
★★☆

※本日オープンとの事でした。(2009.8.1)
千束3-10-6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「写楽 幻の肉筆画展」@江戸東京博物館

写楽 幻の肉筆画展

「写楽 幻の肉筆画展」を観てきました。

写楽と言えば、言わずと知れた伝説の浮世絵絵師。彼の足跡は僅か10ヶ月しか残されておらず、その生涯は謎に包まれたままという伝説の人物。

その写楽が肉筆で描いた作品が海外ギリシャで発見されました。これまでは最終的な刷り上りしか存在が確認されていなかった為、これは世紀の発見と大ニュースとなりました。

因みに浮世絵はグラフィックデザインの元祖と言われ、絵師が図案を描き、彫師が木版を色ごとに彫り分け、摺り師が印刷するという完全分業制で制作されていました。

本展は、絵師である写楽の肉筆画を生で見られるという大変貴重な展示。題材は役者絵で、扇子の絵柄として描かれています。

メインの作品展示のみならず、写楽の活躍した当時の浮世絵の流れが分かるように時代背景に即した作品群が展示されています。

とても良い展示でした。混雑具合もそこそこで観やすく良かったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/02

ラーメン日記[かをりや]入谷

入谷駅近くの「かをりや」。言問通り沿いにあり、パシオ系のデザイン・ディスプレイがパっと目立つ店構えのお店。

胡麻つけ麺をいただきました。

胡麻つけ麺

中太ストレート麺

辛みを抑えた坦々麺といった感じのつけ汁。胡麻の香りが芳ばしい一杯。若干粉っぽさが気になるのと個人的にはちょっと酸味を加えたほうが良いかなと感じました。

うつわ

うつわがロゴ入りで凝ってます。

かをりや


評価:★★☆  (3段階評価)

<かをりや>入谷
食べたラーメン:胡麻つけ麺 650円
スープの種類:胡麻
味の濃さ:濃厚
麺のタイプ:中太ストレート麺
麺の固さ:普通
脂の量:普通


<access>
東京都台東区松が谷4-28-7。
日比谷線「入谷駅」より徒歩3分。
※水曜定休。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/29

ラーメン日記[入谷]千人力:油そば

「千人力@入谷」 油そば専門、一本気で潔いお店です。昨年7月以来半年ぶり2度目の入店。

油そば
油そば

太縮れ麺
太縮れ麺

カウンターに据え置きのラー油とお酢を加え、よくかき混ぜていただきます。たまにこれが無性に食べたくなるんですよね~。


評価:★★★ (3段階評価)

<千人力>入谷
食べたラーメン:油そば 600円
スープの種類:---
味の濃さ: 濃い目
麺のタイプ:太縮れ麺
麺の固さ:やや固め(もっちりコシ強)
脂の量:多め
備考:麺大盛無料

<access>
台東区入谷1-24-2。
東京メトロ入谷駅から近く2分くらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧