p03.原木中山・妙典

2009/10/10

[釣り日記]ボートハゼ釣り in 江戸川 2009年10月10日

今シーズンのハゼ釣り。10月の3連休初日にやってきました。朝、ちょっと肌寒いくらいの陽気、終日曇天でコンディション的にはなかなか良い条件でした。

伊藤遊船

今回お世話になったボート屋さんは「伊藤遊船」さん。

Cats

軒先に猫がいっぱいいます。

2人乗りボート3500円とエサ(イソメ)500円で、計4000円。

店の桟橋から、モーターボートに乗って、河口まで下り、停留してあるボートに乗り継いで釣りスタート。

この時期は通常15センチ級に成長した大型のハゼが釣れるものなのですが、釣れ上がってくるのは小指程度のチビちゃんばかり。しかもアタリはまばらで渋い・・・。

チビちゃんはアタリがあってもなかなか針掛かりせず、釣り上げるのは難しいのですけどね、都合45匹ほど釣り上げました。

鯊釣果

ハゼ_up

アタリ年だともうちょい良い型で、軽く100尾いくんですけどね。今年はイマイチのようです。店の人に聞いたところ、先日の台風までは良型が出ていたが、台風以降、水温も下がり、大きいハゼはもっと下に下ったんじゃないかとの事。もうちょい早くくるんだったな・・・。

ハゼの天麩羅

釣果は、もちろん美味しくいただきました。まずは「ハゼの天麩羅」。大葉、ナス、玉葱の搔揚げと一緒に揚げました。

ハゼの南蛮漬け

それから「ハゼの南蛮漬け」。醤油・お酒で下味をつけた魚に片栗粉・小麦粉を合わせた粉をまぶして空揚げを作り、南蛮酢に漬け込みます。スライスした玉葱、焦げ目がつく程度焼いた長ネギ、白髪ねぎ、ピーマンスライスも一緒に漬け込みます。

南蛮酢のレシピは、出汁:5、酢:5、酒:1、みりん:1、醤油:1、砂糖1弱、塩少々を合わせ軽くひと煮立ちさせます。火を止めてから輪切り唐辛子を少々いれて完成。

この南蛮漬けが毎年楽しみなのです。


<データ>
ポイント:江戸川河口
潮回り:中潮
満潮:9時半
干潮:14時
潮流:--
水温:低め
気温:肌寒いくらい
風:ほぼ無風。
波:--
天候:曇天。
9時半スタート。
15時半上がり。
釣果:
 ハゼ45尾

船屋:伊藤遊船
料金:4000円
※エサ代込み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/13

[釣り日記]ボートハゼ釣り in 江戸川 2008年10月13日

3連休最終日、体育の日。江戸川へボートハゼ釣りに出掛けた。天候は曇天、微風。潮は大潮と絶好のコンディション。8月の釣果から考えると今回も良い釣果が期待できます。

ちょっと遅めの9時半スタート。ポツポツあたりがある感じで爆釣モードという感じではなかったですが、良形が上がりました。

はぜ
良形のハゼ

船宿渋谷
お世話になったお店「船宿渋谷」
宿あるんかな・・・。

釣りしたポイントは、結構上流。東京メトロの鉄橋より100Mくらい川上辺り。河口近辺まで曳いていってくれないお店だったので止む無く・・・。これがいけなかった。

View01

View02

View03

View04


釣果
釣果 ちょっと寂しい20尾
全て天麩羅に調理。

ハゼの天麩羅
ハゼの天麩羅
大葉、南瓜、玉ねぎも一緒に揚げていただきました。

今年はもう一度くらいいきたいけど、ワカサギやらフグやらカワハギやら、これからシーズンインなので、これからはそっちかな。


<データ>
ポイント:江戸川河口
潮回り:大潮
満潮:4時半、16時半
干潮:10時半
潮流:--
水温:--
風:微風。
波:--
天候:曇天。
9時半スタート。
15時半上がり。
釣果:
 ハゼ20尾

船屋:船宿渋谷
料金:4000円
※エサ代込み

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/20

[釣り日記]ボートハゼ釣り in 江戸川 2008年8月20日

夏休みといえば、ハゼ釣り。毎年恒例となっている江戸川ボート釣りにお出掛け。

鯊
「ハゼ」 ずいぶん小ぶりです。

船屋は昨年と同じ「ハヤシ遊船」さん。江戸川東岸側、東西線架橋よりやや海よりのところにあるお店。受付を済ませると、店の前の船乗り場からモーターボートでポイントまで乗せていってくれます。国道357号架橋まで行かないあたりが今、釣れているそうです。そのポイント近辺に停泊している手漕ぎボートに乗り移り、釣りスタート。

因みにポイント近くの景観はこんな感じです。

Point_view01
南(海方面)

Point_view03jpg
西(行徳方面)

Point_view02
北(川上方面)

Point_view04
東(千葉方面)


アタリはコンスタントにあります。ただ、なかなかうまくアワセがあわない。たまに上がってもまだ型が小さい。どうもハリが大きすぎるようなので、テナガエビ用の小さい針に替えてみる。するとこれがドンピシャ。アワセがバッチリ取れるようになりました。上がってくるのは小指サイズばかりですけどね(^^;

お店のご主人曰く「秋には型の良いのがいっぱい釣れるよ」との事でした。朝9時くらいから初めて午後3時半までで、106尾という釣果。型はともかく、そこそこ楽しめました。今年はアタリ年のようですね。

ただ、100も釣ると捌くの辛いんですけどね(^^;
全部「南蛮漬け」にしました。

ハゼの南蛮漬け
ハゼの南蛮漬

ハゼの南蛮漬け(保存用)
ハゼの南蛮漬け(保存用)

ハゼを唐揚げにして南蛮酢に漬け込みます。タマネギ、ニンジン、ピーマン、唐辛子が入って栄養も満点。酢が入っているので日持ちもします。毎年、これが楽しみなのです~♪

<データ>
ポイント:江戸川河口
潮回り:中潮
満潮:7時、19時
干潮:13時
潮流:--
水温:--
風:微風。
波:--
天候:曇天。
9時スタート。
15時半上がり。
釣果:
 ハゼ106尾

船屋:ハヤシ遊船
料金:3500円
※平日割引で2人乗りボート3000円(土日3500円)。
エサは青イソメ500円。駐車場無料。※但し土日は1000円
氷サービス。
上がった後冷たい麦茶をいただけます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/27

[釣り日記]ボートハゼ釣り in 江戸川 2007

近所の江戸川へボートハゼ釣りに行きました。(ワタシは先週に続いて夏休み期間中)

平日なので混雑はなかろうと、のんびり準備してたらスタートが10時半になってしまった(^^;ちょいと遅めのスタート。

今日は曇天、潮は釣りに最高な大潮(11時干・17時満)。風は強め(後で調べたら 6m)。暑すぎず、潮目がよく、風以外は最高のコンディション。

江戸川
江戸川
終了間近に撮った絵。貧相な絵でスミマセン。

船屋は北岸の「ハヤシ遊船」を利用。平日割引で2人乗りボート3000円(土日3500円)。エサは青イソメ500円。駐車場無料。※但し土日は1000円(土日有料は帰り際に看板見て気が付いた)。土日クルマで来るなら南岸の船屋が無難ですね(駐車場無料)。※早めに来ないと場所なくなっちゃいますけどね。

船屋は東西線の架橋あたりにあるのですが、そこから店の人がモーターボートでポイントまで乗せていってくれます。国道357号架橋からさらに海側へちょっと行ったあたり。川上、何艘か停泊している手漕ぎボートに乗り移り、釣りスタート。

今年のハゼ、結構好調のようです。「入れ食い」まではいきませんでしたが、コンスタントに上がります。風が強いおかげで、アタリが分かり辛かったのですが、少々放置しておくと向こうあわせで必ずぶら下がってきました。

江戸前のハゼ
江戸前のハゼ

約5時間で58匹の釣果。まずまずでしょう。大きさもまずまず。10cmクラスが8割、15cmクラスが2割といったところ。もうちょいすると15~20クラスの良い型が出てくるでしょうね。

釣果は、天麩羅と南蛮漬けを作って美味しくいただきます。

まずは下ごしらえ。

具材
具材を準備。
タマネギ(スライス)、ニンジン(スライス)、長ネギ(適当にカット)、赤ピーマン(適当にカット)。

ハゼは、塩もみ洗いした後、ウロコ落とし。大きいものは3枚におろして天ぷら用に。中型のものは頭を落として腸を出す。小型のものは頭そのままで腸だけ出す。中型小型は唐揚げにした後、南蛮漬けにします。

数が多いので3食分のタッパを用意。南蛮酢を作り、野菜の具材を入れて準備OK。
3食分タッパ


しかし、60匹ものハゼを捌くのは意外と疲れるし時間が掛かる。魚の下処理だけで1時間以上かかってしまった・・・。

まずは「天麩羅」。ハゼと赤ピーマン、それから人参の掻揚げに、タマネギの掻揚げ。天麩羅の盛り合わせ完成!

天麩羅の盛り合わせ
天麩羅の盛り合わせ

続いて唐揚げの開始。先ずは低い温度でじっくり揚げ、一度引き上げ、次に高温でサラっとカリっと2度揚げします。揚げたものは準備しておいた南蛮酢にすぐ漬ける。

ハゼの南蛮漬け
ハゼの南蛮漬け

ハゼの南蛮漬けの完成。

3食分タッパ
熱を冷ましたあと冷蔵庫で保管。そのままでも美味いですが、一晩漬けると味が馴染んでさらに美味しくなります。(酢が入っているので、日持ちもします)

はぜの南蛮漬け丼
「はぜの南蛮漬け丼」

あったかごはんに乗っけて食べる。これがまた最高~に美味♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/22

[釣り日記ボート]ハゼ釣りin江戸川 (今季2回目)

手漕ぎボート de ハゼ釣り in 江戸川。(今季2回目)
前回、(先々々週)釣果があまり良くなかったのでリベンジに行ってきました。

前回は長潮で、ボート屋のおっちゃん曰く「大潮ならもっと出た」という言葉を信じ、今日「大潮」の日にやってきたのでした。

<大潮>
満潮:5時、16時30分
干潮:11時

天候は曇天、夕刻から小雨が降り始める空模様。
気温はやや肌寒いくらい。
7時からスタート、2時半に終了。

釣果は前回と変わらず、20匹。前回10時から始めたのを考えると、前回より悪いペース。回りを見ても全く釣れてない様子。アタリがないのでボートであちこち移動を繰り返すもまったく好転せず。どうも今年はハズレ年らしい・・・。リベンジならず残念!

で、獲物はやっぱり唐揚げにして、南蛮漬け。

南蛮漬け

焼ネギを加え漬け汁の配合も変えてバージョンアップ。

漬けにしなくても、甘酢あんかけとかでいけるかな~。
次回やってみよう。(来年かな?)


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/10/01

[釣り日記]ボートハゼ釣りin江戸川 2006

10月1日(日)あぁ。今日は誕生日じゃないか。またひとつ歳をとってしまった・・・。38個め。う~ん。いつまでも若いつもりでも数字を見ると否応なしに歳を認めざるを得ないんだよな。そろそろ真面目に身の振り考えなきゃなぁ・・・。

ってなことはちょっと置いておいて(現実逃避)気分転換に釣りに出掛けました。秋といえばハゼですね鯊!地元の江戸川河川敷でボート釣り。朝起きてからふと思い立って出掛けたので現場到着は10時と遅めのスタート。

今日は長潮(干潮8:30、満潮14:30)ということで潮まわりはイマイチ。天候は曇天。時折小雨がパラつく空模様でした。暑くもなく寒くもなく気候的には絶好の日和でしたが、全体的にあまり釣れていないようでした。ボート屋の人曰く「大潮だったらもっと釣れるんだけどな」との事でした。

ハゼ
で、今日の釣果は22匹。昨年同時期で100匹くらい釣れたのに比べるとかなり寂しい釣果。

ハゼ
一匹だけ型のいいのが混じる

ハゼの南蛮漬け
ハゼの南蛮漬け

唐揚げにし、南蛮漬けにしていただきました~
旨かったです^^

シーズン中にもう一回行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/08

[釣り日記]稚鮎釣りin江戸川水閘門下流側

釣り好きの某友人に誘われて江戸川水閘門へ稚鮎釣りに出掛けた。鮎というと長良川だとか奇麗な清流に住むものだと思われがちだが、意外にも全国的に分布している魚なのです。それから知られていないのが、その生態。稚魚は川で産まれ、一旦海へ下り、ある程度育った後に川へ遡上するのです。鮭の遡上は一般的に知られていますが、鮎も遡上する魚だと知らない人は結構多いのではないでしょうか。その鮎の遡上情報は国土交通省河川局のホームページで公開されています。(詳しいポイントまで載ってます)

その「遡上情報」に載っている江戸川水閘門のところでは堰があるために鮎が川を上ることができず、門の前で立ち往生、溜まって泳いでいるのです。遡上を人工的に手伝おうとボランティアでバケツリレーをする運動などあるらしいですが、そんな事するよりは、遡上できる水門を設ける工事をして欲しいものです。で、その門の手前に溜まっている鮎を目当てに大勢の釣り人が連日朝早くから集まり、橋の周りをにぎわしています。

江戸川水閘門
この日も朝7時前に現場に到着するも、既に大勢の人が橋のまわりで犇きあっていました。

鮎というとコケを食べる魚ですが、稚魚のうちはプランクトンなど食べるのでしょうか。ワカサギ・小魚用のちょっと毛のついたようなサビキで釣れます。この日の釣果は10~20匹。通っているオッチャンの中には100匹オーバーの方がいるそうで凄いもんです。

稚鮎
調理前の稚鮎

某友人によると、そのまま唐揚げで食べられるが、内臓がちょっと川臭いという。川臭いのは嫌なので私は一応腸を出して唐揚げにしてみる。

稚鮎の唐揚げ
稚鮎の唐揚げ

いや~美味しい♪数少なかったのであっという間にペロリと平らげちゃいました。

因みにこの稚鮎釣り、某友人曰く「違法」なのだという。友釣りや漁業をやっているところなら、禁漁区・禁漁期間があるのは最もなのだが、ここ江戸川でも該当する法があるのでしょうか?「鮎 禁漁 条例 江戸川」これらでネットを検索するもそれらしき文献にはぶつからず・・・。

そして釣り場にそれらしき注意書きも見当たらず。友人曰くもうちょっと川上に注意書きがあるという。「...8cm以下の稚鮎を釣ってはいけない...」など書いてあるらしい。けど、知らないし、見てないし。取り締まっていない。ポイントも国土交通省であそこまで詳しく載せているので隠しても始まりません。 なのでなので記事を掲載しちゃいます。 (後日、やっぱりダメだとかモロモロ情報が入って状況が変わった場合には記事の変更・削除をするかもしれません。あしからず)(^^; 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/16

ラーメン日記[妙典]中国ラーメン華風伝 チャーハン

今回はラーメンでなくてチャーハン。

先日、こちらで雲呑麺食べた際に厨房の様子を見ていて、その見事な鍋捌きを見て、チャーハンを是非食べたいと思っていたのです。

チャーハン
チャーハン

お値段は確か650円か680円くらい。(不確かでスミマセン)スープ付きですが、他に添え物なしでこの値段は少々お高い気もします。

でも、少々お高い分流石に美味い!ご飯がパラパラ。一粒一粒に均一に味がついていてスープの出汁も効いていますね~。やっぱり調理人の腕でしょうね。そこらの中華屋さんだとご飯がベチャっとしてたり、味にムラがあったりするのですがそれとは明らかに違います。

期待通りの美味さでした。やっぱりあの鍋捌きなら美味いわけだわ。うん。

評価:★★★   (3段階評価)

<中国ラーメン華風伝>妙典

食べた料理:チャーハン
備考:ご飯がパラパラで最高!

一日二麺弱ネットラジオ「一日二麺弱」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/29

ラーメン日記[妙典]中国ラーメン華風伝

雲呑麺
雲呑麺740円

場所は東京メトロ妙典駅から南へ徒歩3分くらい、妙典4-9。
以前、杏樹亭を探している時に偶然見つけて、気になっていたお店。

日曜日の夕飯時。駅前の飲食店の人影もまばらな中、なんとこのお店はえらい繁盛してまして、入店時は満席。店内で順番待ちしていると次から次と順番待ちが増えていく状態。これだけ人気があるって事はうまいんだろうなと期待を膨らませながら順番を待つ。

そして待つことしばし、カウンターへご案内。カウンターと厨房の間に遮るものがなく鍋や調理している様子が良く見えます。

スープの仕込んである大きな寸同には様々な野菜がたっぷり。そして調理の手際の良さが圧巻。チャーハン・野菜炒めを作る鍋さばきが凄いです。ありゃ間違いなく美味いでしょう。チャーハン食べたくなっちゃいます(笑)なるほど、人気の秘密を垣間見た感じがします。

中細縮れ麺
注文したのは「雲呑麺」(塩味)740円。
スープは塩と醤油が選べます。澄んだスープは非常にあっさり上品ですが、鶏・野菜の旨みが十分感じられ、細めの縮れ麺との相性もバッチリ。雲呑も豚挽肉の旨みがギュっと詰まっていて皮はトロトロでなかなかの逸品。安っぽい塩らーめんだと、胡椒で味を誤魔化すお店が多のですが、ここはしっかり食材を活かして味を創っている感じがします。

華風伝
予想外に美味しく、大満足でした。他のメニューも試してみたいです。

評価:★★★   (3段階評価)

<中国ラーメン華風伝>妙典

食べたラーメン:雲呑麺 740円
スープの種類:塩(醤油・塩)
味の濃さ: 薄め
麺のタイプ:中細縮れ麺
麺の固さ:普通
脂の量:普通
備考:野菜炒め、チャーハンが美味そう

一日二麺弱ネットラジオ「一日二麺弱」

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/01/16

ラーメン日記[原木中山]札幌ラーメン えぞふじ

東京メトロ原木中山駅のそば徒歩2分くらいのところにあるお店、札幌ラーメン「えぞふじ」というお店に入ってみた。いかにも昔ながらの下町のラーメン屋さんといった店構え。店内はあぶら&タバコの煙で黄色く染まり、煤がかかって薄暗い。床・椅子も微妙にしっとりねっとりとしていている。正直、ちょっと気持ちが悪い・・・。

しかし店内には常連と思われるお客さん数組入っている。地元のお客さんに愛されてもってるんでしょうね。常連さん方は、すっかりくつろいで空気に馴染んでいます。

味噌ラーメン
一見さんのワタシは控えめにフツーのオーダー。
味噌ラーメン 500円を注文。

いまどき500円ってのは安い。ご主人一人で切り盛りされているので、人件費の分価格抑えられてるのかもしれませんね。


で、やわやわの麺
ラーメンはごくごくオーソドクスな味噌ラーメン。インターチェンジとかで出てくるものと同じ感じです。麺は中太やや縮れ。煮込みかと思えるほどの柔めの茹で具合。個人的には柔目好きなんで、これはこれで美味しくいただきました。

しかし、うす汚い空間はなんとも居心地悪く・・・2度目の来店はないでしょう。たぶん。

えぞふじ
昭和映画のロケにはもってこいかも。


評価:★☆  (3段階評価)

<えぞふじ> 原木中山

食べたラーメン:味噌ラーメン
スープの種類:味噌
味の濃さ: 普通
麺のタイプ:中太やや縮れ麺
麺の固さ:柔柔
脂:ふつう

一日ニ麺弱ネットラジオ「一日ニ麺弱」

| | コメント (0) | トラックバック (1)