会場入ってすぐ右手にディスプレイされていました。大きく作ったつもりが、大きな会場の空間内では、小さく見えます。